Doctorbook Doctorbookとは?

川越 元久 Motohisa KAWAGOE

川越 元久
勤務施設 川越歯科医院 神奈川県川崎高津区末長1100 公式サイト
出身大学 東京歯科大学歯学部 登録年度 1989
対応言語 日本語 出身地 神奈川県川崎市

推薦医師からのメッセージ

川越先生は私の大学の同級生で共に同じ講座で補綴学を学んだ先生です。

その間に先生の真面目で誠実な人柄、確かな臨床手技を存じ上げており、
先生の診療室への通院圏の私の知人も紹介させていただき、知人からも
高い評価を受けております。

このような川越先生を自信を持ってご紹介させていただきます。

主領域

補綴

専門領域

補綴, 局部義歯, 総義歯, インプラント, 予防歯科, 審美歯科, 子ども虐待

専門領域における取り組み

一生涯を通じた予防歯科の推進を基本方針としています。

私の専門は補綴ですが、どんなに素晴らしい補綴でも自分の歯にはかないません。
いまでは、むし歯や歯周病による歯の欠損を作らないことを目指しています。

所属学会・団体

日本補綴歯科学会 
日本咀嚼学会 
日本口腔衛生学会 
日本法歯科医学会 
日本子ども虐待防止学会 
東京歯科大学学会等

経歴

1965年 神奈川県川崎市に生まれる 
1983年 駒場東邦高等学校卒業 
1989年 東京歯科大学卒業 
1995年 東京歯科大学大学院(歯科補綴学第3講座)修了 博士(歯学)
安田火災海上保険株式会社(現損保ジャパン)健康開発センター歯科診療所勤務 
1999年 日本補綴歯科学会専門医取得 
2001年 川越歯科医院勤務 
2009年 東京歯科大学非常勤講師(有床義歯補綴学講座) 
2013年 川越歯科医院開設

趣味

スキー、ゴルフ

歯科医を志したきっかけ

父が歯科医師であったこと。
祖母が総義歯装着者で、もっと良くかめる義歯を作ってあげたいと思ったこと。

一言メッセージ

歯科の2大疾患は言うまでもなく「むし歯」と「歯周病」で、どちらも予防可能な病気です。
そのためには正しい生活習慣の確立が必要になりますが、子どものうちからしっかりと
その考えを植え付けなければ難しいものです。

子どもから大人まで、健康なお口の育成を通じて実りある人生を送っていただけるよう
お手伝いさせていただきます。

また、最近では「子ども虐待」について歯科から支援できることも発信しています。

勤務施設情報

名称 川越歯科医院公式サイト
住所 〒213-0013 神奈川県川崎高津区末長1100
電話 044-866-7422
最寄り駅 JR武蔵溝ノ口駅、東急田園都市線溝の口駅
徒歩20分、バス5分

著書・講演活動

著書・論文

1.川越元久
下顎遊離端義歯症例における支台装置の力量伝達特性の差異が咀嚼運動に及ぼす影響に関する実験的研究
  歯科学報,95:653-685, 1995

2.川越元久
後期型若年性歯周炎患者に適用したOsseointegrated Implantの6年経過
日本補綴歯科学会雑誌,44:350-351, 2000

3.川越元久(分担執筆)
こうして無菌の根管をつくった(編集 福島久典)
患者とのコミュニケーションツールとして「チェアーサイド嫌気培養システム」を評価する:139-146
  永末書店,京都,2004

4.川越元久、岩田昌久、鈴木伸宏、宮下英一郎、吉田浩一
アセタルレジンクラスプの臨床評価
日本補綴歯科学会第117回学術大会,平成20年6月7日,名古屋市
日本補綴歯科学会雑誌,52:第117回特別号:135,2008

5. 辻 将、上田貴之、森 一成、川越元久、櫻井 薫
二酸化チタンコーティング後の床用レジンの吸水性と色調
日本補綴歯科学会第122回学術大会、平成25年5月18日、福岡市
日本補綴歯科学会誌、5:第122回特別号:181、2013

6.川越元久、井田満夫、花村裕之、佐藤哲郎、岩原香織、都築民幸
要保護児童に対して歯科からできる事後支援
~虐待フォローネットワークの事例報告~
子どもの虐待とネグレクト、第15巻第2号、155-163、2013

7.川越元久、佐藤哲郎、花村裕之、井田満夫
歯科が貢献できる子ども虐待の予防・発見・事後支援
“不自然さ”に気づく目をもとう~川崎市歯科医師会の取り組みを参考に~
The Quintessence, Vol.32 No.11 127-134

8.川越元久他
歯界展望誌上に2004~現在までLDA Researchを連載中

講演・セミナー

2010年12月2日 平成22年度 川崎市学校歯科保健研修会
「虐待を見逃さないための視点~学校歯科健康診断の新しい取り組み~」
をはじめとして「子ども虐待」をテーマとする講演多数