Doctorbook Doctorbookとは?

土屋 賢司 Kenji TSUCHIYA

土屋 賢司
勤務施設 土屋歯科クリニック & works 東京都千代田区平河町 1-4-12 三信平河町ビル1F 公式サイト
出身大学 日本大学歯学部 登録年度 1984
対応言語 日本語 出身地 神奈川県横浜市

推薦医師からのメッセージ

土屋先生は日本を代表する補綴治療のスペシャリストです。

さらに、卓越したご自身の技術のみならず、必要に応じて各領域の専門家と連携することで、
最高のチーム医療を実践する事で、患者の口腔内に包括的な治療を施されています。

歯科医師の教育にも非常に熱心に取り組まれ、多くの歯科医の憧れの存在です。

主領域

補綴

専門領域

歯科一般, 保存修復, 補綴, インプラント, 審美歯科

専門領域における取り組み

自医院の名称に&WORKSを加えた趣旨からも私の製作する補綴物を作品と考え、
与えられた口腔内環境という限られた環境の中で出来るだけ納得のいく補綴治療を
提供したいと考えています。

所属学会・団体

日本顎咬合学会 指導医
日本口腔インプラント学会
日本歯科審美学会
日本補綴学会
日本歯周病学会
Nobel Biocare Replace Select (インプラント公認インストラクター)
OJ常任理事
東京SJCD顧問
SJCDインターナショナル専務理事

経歴

1984年 日本大学歯学部卒業
1987年 USC卒後研修
1989年 千代田区にて開業

趣味

仕事

歯科医を志したきっかけ

私が幼少のころ病にかかり死の淵を彷徨った際、体を張って治療に専念し
生還させて頂いた一医療人の人的貢献の素晴らしさに感銘を受けて

一言メッセージ

複雑に絡み合った口腔内における疾患を各専門分野のエキスパートと共に
チームとなり治療ゴールを目指すよう心がけております。

また生涯にわたり作り上げた補綴物と共に口腔内の健康維持をサポートできるような
メンテナンスプログラムの充実を心がけてます。

勤務施設情報

名称 土屋歯科クリニック & works公式サイト
住所 〒102-0093 東京都千代田区平河町 1-4-12 三信平河町ビル1F
電話 03-3288-0157
最寄り駅 有楽町線麹町駅または半蔵門線半蔵門駅・永田町駅
麹町から徒歩1分、半蔵門・永田町から徒歩5分

著書・講演活動

著書・論文

○2011年
・包括的治療戦略 -修復治療成功のために-[韓国語版]
・イラストレイテッド 歯冠修復 アドバンステクニック(クインテッセンス出版)
○2010年
・包括的治療戦略 修復治療成功のために(医歯薬出版)
・「隔月刊「補綴臨床」別冊:中切歯のインサイザルエッジポジションの重要性 (補綴臨床)
・隔月刊「補綴臨床」別冊:オールセラミックス・プレパレーション  支台歯形成の理論と実際 (補綴臨床)
○2009年
・オベイドポンティックのための歯槽堤へのアプローチの検証(クインテッセンス)
・専門治療を目指す、極める チェアサイドにおけるレストレーションワークス(クインテッセンス)
○2008年
・審美修復治療を極めたい(日本歯科評論)
・魅せる白い歯[共著](永末書店)
・患者本位の治療計画の真意[座談会](クインテッセンス)
○2007年
・症例PLAYBACK 前歯部にハーフポンティックを用いた審美修復症例の15年経過 (クインテッセンス)
・THAT'S TEAM WORK(座談会) (クインテッセンス)
○2006年
・歯科臨床のエキスパートを目指して ボンデッドレストレーション(共著)(医歯薬出版)
・歯冠修復治療における基本原則を理解するオールセラミッククラウンの支台歯形成のポイント
・マージンの設定位置とマテリアルセレクション補綴臨床 (医歯薬出版)
・MONTHLY FOCUS オールセラミクス時代への提言
・その盲点と条件に応じたマテリアルセレクション(QDT クインテッセンス)
・長期経過症例に学ぶ 審美修復(共著)( QDT別冊 クインテッセンス)
○2005年
・審美修復治療 歯周組織と調和した修復処理(日本歯科医師会雑誌)
○2004年
・歯科臨床のエキスパートを目指して!
・コンベンショナルレストレーション (共著)(医歯薬出版 )
・ウルティメイトガイド インプラント(共著)(医歯薬出版)
・別冊  Esthetic of Dental Technology Part3(QDT クインテッセンス)
○2003年
・ラミネートベニアテクニック (医歯薬出版)

講演・セミナー

○最近の主な講演・セミナー実績
・USC(University of Southern California) 33th Perio Implant Symposium
・Pacific Coast Society for Prosthodontics 75th Annual Meeting
・Asian Academy of Prosthodontics(Korea)
その他、国内外の講演多数
○2013年の事例
・USCペリオインプラントシンポジウム
・OJ ミッドウィンター
・韓国補綴学会
・O.R.E.学会
・C.D.R.I
・SJCDクリニカルトレーニングプログラム
・顎咬合学会
・ノーベルバイオケア スタートアップコース
・O.J 年次大会
・USCジャパンプログラム
・SJCD サマーセミナー
・I.F.E.D
・審美修復治療ハンズオンコース in 福岡
その他、多数