Doctorbook Doctorbookとは?

藤本 浩平 Kohei FUJIMOTO

藤本 浩平
勤務施設 医療法人 藤本会 藤本歯科医院 東京都中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館4階 公式サイト
出身大学 東京歯科大学歯学部 登録年度 1994
対応言語 日本語,英語 出身地 福岡県北九州市

推薦医師からのメッセージ

藤本先生は、歯周治療のグローバルスタンダードを実践しておられます。

ご専門の歯周治療のみならず、幅広い領域でご経験を積まれており、
総合的な視野から歯科治療を受けることが可能です。

また、人格的にもすばらしい方で患者様の立場で考える事の出来る先生です。

主領域

歯科一般

専門領域

歯科一般, 保存修復, 補綴, 歯周病, 局部義歯, 総義歯, インプラント, 予防歯科, 口腔ケア, 審美歯科, セカンドオピニオン

専門領域における取り組み

当院では補綴治療、歯周病治療ならびにインプラント治療を診療の柱として取り組んでおります。

特に歯周病治療、インプラント治療に関してはアメリカ歯周病学会認定専門医
(Diplomate, American Board of Periodontology)を取得、欧米の歯周病専門医院で受けられる
科学的な検証に裏付けられた予知性の高い歯科医療の提供を目指しております。

また、補綴治療では全米の歯学部の3分の2が正式な教科書として採用され、日本語以外にも
5カ国の言語に翻訳された世界的に有名な“Contemporary Fixed Prosthodontics”の著者である
藤本順平に監修の治療を通じて世界的にも通用する歯科医療を実現しております。

また、必要に応じて他科の専門領域である矯正治療、歯内療法はアメリカの大学院出身の
歯科医とチーム医療体制を確立、患者の希望に応じた予知性の高い永続的な歯科医療が提供できる
体制を整えております。

定期的なお口のメンテナンス、歯科治療に関するセカンドオピニオン、相談等も随時受け付けて
おりますのでお気軽にお越しいただければ幸です。

所属学会・団体

アメリカ歯周病学会 (American Academy of Periodontology)会員
アメリカ歯周病学会認定専門医協会 (American Board of Periodontology)会員
アメリカインプラント学会 (American Academy of Osseointegration)会員
日本臨床歯周病学会 会員
米国歯科同窓会 会員

経歴

1968年 北九州生まれ。
1987年 啓明学園高等学校卒業
1994年 東京歯科大学卒業
     藤本歯科医院勤務
2001年 ワシントン大学歯学部歯周病学科大学院卒業
     Master of Science in Dentistry (M.S.D.) 修得
     米国歯周病専門医取得
     ワシントン大学歯周病科臨床教員勤務
2003年 藤本歯科医院勤務
2005年 アメリカ歯周病学会認定医取得
   (Diplomate、American Board of Periodontology)
2007年 藤本研修会 ペリオ・インプラントコース開始
2009年 日本臨床歯周病学会常任理事

趣味

カメラ旅行魚釣り

歯科医を志したきっかけ

中等学校から高等学校の間に矯正治療を受けた事を通して歯科医医療に対して興味を持った事および、
父親の歯科医療に対する強い熱意が歯科医師を志すきっかけであった。

一言メッセージ

予知性の高い安全で確実な治療を通じて信頼できる歯科医療の提供を目指しております。

勤務施設情報

名称 医療法人 藤本会 藤本歯科医院公式サイト
住所 〒104-8139 東京都中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館4階
電話 03-5551-0051
最寄り駅 東京メトロ銀座線 銀座駅 東京メトロ日比谷線 東銀座駅 都営浅草線 東銀座駅
徒歩3〜5分

著書・講演活動

著書・論文

・“Histologic Comparison of Osteotomes on the Bone to Implant Interface, A Pilot Study”
   2001年 ワシントン大学学位論文
・“長期予後をふまえた治療計画とインプラント、残存歯をどう扱うか”
   ザ・クインテッセンス、 2005、Vol.24, no.1、p.37-49
・“器具選択と取り扱いの基本”、“手術の原理原則を学ぼう”
    歯界展望別冊 はじめてのフラップ手術、2007年 医歯薬出版
・“歯周病患者に対し,インプラント治療を行う時の必要条件とは”
   インプラント治療の根拠とその実践 2014年 クインテッセンス出版 p.113-121
・“矯正治療における歯周治療の介入”
   2013年12月 日本成人矯正歯科学会雑誌第20巻第2号別刷 p.81-88

講演・セミナー

2006年 台湾歯周病学会 年次大会 特別講演 (台湾、高雄市)
      “Decision Making With the Compromised Tooth”
2007年 以来毎年開催 藤本研修会 ペリオ・インプラントコース担当(14日間コース)
2007年 岐阜県保険医協会 歯科研究会
     “Biological Factors Contributing to Complications in the Long Term Maintenance of
       Osseointegrated Oral Implants ”
     “Decision Making With the Compromised Tooth”
     “Templates for Function & Esthetics in Implant Dentistry”
2009年 東京医科歯科大学歯学部 CDEセミナー
     “Evidenceより紐解く抜歯の基準”
     “インプラント即時 埋入・負荷”
     “Maxillary Sinus Elevation ”
     “再生療法 ”
2010年 米国歯科同窓会 第10回 オープンセミナー
     “To Conserve or to Implant Concepts for Treatment Planning”
2010年 アメリカ歯周病学会年次大会 Pan-Pacific Symposium講演 (アメリカ、ハワイ州、ホノルル)
     “5 to 7 Year Clinical Outcome of Implant Therapy in Patients With Iliac Block
      Grafts in the Maxilla ”
2010年 千葉市歯科医師会 学術講演
     “予知性の高い治療の実現”
2012年 日本臨床歯周病学会 30周年記念年次大会 特別講演
     “審美領域におけるインプラント治療”
2012年 愛媛県歯科医師会 学術講演
     “インプラント治療の予後に影響を与える生物学的要素 ”
     “問題を抱える歯牙の評価”
2013年 日本成人矯正歯科学会 第21回学術大会 特別講演
     “矯正治療における歯周治療の介入”
2013年 岐阜県歯科医師会 講演会
     “歯周治療Back To The Basics 診査 ”
     “歯周治療Back To The Basics 消毒剤の応用 ”
     “歯周治療Back To The Basics 抗生剤の応用 ”
     “歯周治療Back To The Basics スケーリング・ルートプレーニング ”