Doctorbook Doctorbookとは?

北原 信也 Nobuya KITAHARA

北原 信也
勤務施設 TEAM東京ノブレストラティブデンタルオフィス 東京都中央区八重洲2-5-6KBYビル 公式サイト
出身大学 日本大学松戸歯学部 登録年度 1989
対応言語 日本語,英語 出身地 東京都練馬区

推薦医師からのメッセージ

北原先生は、補綴治療、特に前歯部への治療のアプローチは最先端です。

口腔内のみならず、目や鼻や顔貌全体のバランスからどんな位置にどんな歯が似合うのかを
専門的な視点で捉え、患者さんの好みを聞きながら、患者さんごとの治療を行っていただけます。

また、ホワイトニング治療を多くの患者さんに行い、その技術をたくさんの歯科医師・歯科衛生
士に教育されてきました。先生は、御高名でありながら周りに気を遣います。

先生の周りにはいつもたくさんの歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士が慕い、集まります。
人間的にも魅力的な先生です。

主領域

補綴

専門領域

歯科一般, 保存修復, 補綴, インプラント, 顎関節, 審美歯科

専門領域における取り組み

審美歯科治療とはハリウッドスマイル、カリフォルニアホワイトなどのアメリカ人の美しい歯を
象徴するキーワードの総称として、今や世界中の歯科治療のトレンドとなっています。

しかし一方で、日本においては未だ患者の要求と、歯科医療者側に歯科治療に対する考え方の
違いからか「美しくなりたい」という多くの欲求を「見た目は二の次、食べること、話せることの方が大事」
とすることで、患者の歯科医療に対する審美的期待度が低下していると感じる場面にも多く遭遇します。

もちろん「食べること、話せること」という基本的な機能回復という重要な目標は失ってはいけませんが、
審美歯科治療の目標とは、「機能:食べること、話しがスムーズにできること、構造:1本の歯が壊れない構造、
歯列全体の調和、生物学的恒常性:歯の1本、1本が接している歯肉、歯周組織と調和していること」とする
3つの柱の頂点に審美が存在することとなります。

すなわち機能、構造、生物学的恒常性の目標が達成されれば自然と審美治療になってしまうのです。

所属学会・団体

東京SJCD理事 日本歯周病学会 
日本歯科保存学会 
日本接着歯学会 
日本歯科理工学会
日本審美歯科学会 
KING研究会 主宰

経歴

1963年 東京都に生まれる 
1982年 獨協高等学校卒業 
1989年 日本大学松戸歯学部卒業 
1992年 北原歯科医院開設 
2003年 銀座移転ノブデンタルオフィス開設 
2012年 八重洲に移転
医療法人社団聖功会理事長 
TEAM東京ノブデンタルオフィス開設者、
ノブレストラティブデンタルオフィス開設 

2007年 シンガポール歯科医師免許取得 
TP Dental Surgeon非常勤 
2012年 昭和大学より博士(歯学)
2014年~ 日本大学歯学部非常勤講師、日本大学松戸歯学部非常勤講師、昭和大学歯学部非常勤講師

趣味

旅行 料理

歯科医を志したきっかけ

幼少期にシンガポールで過ごし、海外から日本人を見たとき「歯が汚い」と思いました。
グローバルの時代に、日本人が世界で恥をかかないようしたいと志しました。

一言メッセージ

当院はTEAMクリニック(各専門医が独立開業している)として、日本では初の専門医療チームです。
世界ではこのようなチームクリニックは存在しますが、その中でもアメリカのTEAM ATLANTAが
私たちの目標です。

患者様に最先端の医療を提供するだけでなく、予防や治療後のメンテナンスにも力を入れております。
あらゆる歯科治療が一つの空間で行えるよう連携しております。

また治療の内容では「徹底的に一本の歯にこだわる」をコンセプトとして、マイクロエンドから
最新接着技術を使った支台築造など「歯を残す治療」を実践しております。
(現在「1本の歯にこだわる」テーマでクインテッセンスで1~6月号まで連載中)

勤務施設情報

名称 TEAM東京ノブレストラティブデンタルオフィス公式サイト
住所 〒104-0028 東京都中央区八重洲2-5-6KBYビル
電話 03-6225-5005
最寄り駅 JR東京駅 地下鉄京橋駅 
ともに徒歩2分

著書・講演活動

著書・論文

クリニカルトゥースホワイトニング 2006年12月 医歯薬出版
笑顔が変わるホワイトニング 2007年3月 医歯薬出版
Esthetic of Dental Technology Part3 2004年6月 クインテッセンス出版
健康で美しい口腔をつくる歯科衛生士のための審美歯科入門 2008年11月 医歯薬出版
基本審美修復治療のマネージメント 2011年10月 医歯薬出版
Comparison of Rotary and Ultrasonic Caries Removal Determined by Two Fluorescent Caries Detection Divices 2013年2月 日歯保存誌56
ダイヤモンドチップを用いた超音波によるう蝕除去方法の評価とDIAGNOdentとVistacam Pによる2つの蛍光う蝕診断の評価 2013年2月 日歯保存誌56
One-bottle silane coupling agent containing 4-META 2013年5月 Dental Materials Journalto

講演・セミナー

2011年以降のみ
2011年 松本歯科大学同窓会東京支部 講演 
日本顎咬合学会 第29回学術大会 講演
日本歯科審美学会(大阪)講演 
GC第3回国際歯科シンポジウム 講演
2012年 日本顎咬合学会 第30回学術大会 座長 
第22回日本歯科医学総会 講演
平成24年度 君津木更津歯科医師会 第2回学術講習会 講演
2013年 GC台湾 国際歯科シンポジウム 講演 (台湾)
The Academy of Prosthodontics 95th Annual Meeting
(KIMプログラム)講演(アメリカ)
ボストン大学卒後研修プログラム 講演(アメリカ)
1st Asian Symposium on Advanced General Dentistry 講演(シンガポール)
日本歯科保存学会 シンポジウム 講演
大阪歯科大学同窓会 卒後研修会 講演
愛知学院大学同窓会 卒後研修会 講演
日本歯科審美学会(東京)講演  他年間約50講演