理想的な総義歯を作るために

義歯(入れ歯)
入れ歯にも様々な種類がありますが、中でも総入れ歯は、患者さんの全ての歯が一本一本オーダーメイドで仕上げられたものになります。患者さん一人一人にぴったりの総入れ歯が出来上がるまでには、様々な工程と難しい作業を行う必要があるのです。今回は吉富歯科医院の院長、吉富信幸先生に総入れ歯についてお話を伺いました。
出演医師 義歯(入れ歯)

吉富 信幸 先生

吉富歯科医院

総入れ歯(総義歯)を作るポイントは?

 

総義歯というのは、出来上がるまでにいくつものステップがあります。そのステップ一つ一つが非常に重要なんです。

それらをきちんとこなしていかないと良い義歯はできないんですが、そこが非常に難しいところでもあります。

 

 

入れ歯を作るとき、気をつけている事は?

 

なるべく粘膜を変形させないで、ぴったりとした型取りをする事です。

押したりすると簡単に変形してしまうので、難しい作業です。それともう一つは、入れ歯の周りには動く筋肉が沢山ありますので、それらに配慮した大きさの入れ歯を作るということがとても大切だと思います。

 

 

いい入れ歯を作るためのポイントは?

 

総義歯は、やはり1番分かりやすい治療なんです。義歯が完成して患者さんのお口の中に入れた時に、「これは噛める」「これは噛めない」というのが非常にはっきりします。

ですので、ちょっとしたステップというのを一個一個手を抜かずにきちんとやっていかないと、良い義歯というのはできないと思います。