食いしばり・歯ぎしりの改善を目指す

予防歯科
日常での歯の食いしばりや睡眠時の歯ぎしりを気にしたことはありますか?歯をくいしば ることで口内の環境に悪影響が出る可能性がある、とくまがい歯科クリニックの熊谷真一 先生は仰ります。予防法や注意すべき点など、詳しくお話を伺ってきました。

くいしばりや歯ぎしりはどのような影響を及ぼしますか?

 

 

やはり口腔内に影響が出ると考えています。

 

特にクレンチングや歯ぎしりがひどいという場合は歯を軋ませていることになるので、歯に対しておきるダメージも大きく、知覚過敏や歯根破折など様々な問題が生じてきます。

 

また歯列も狂ってきてしまうというようなことも起きてしまうので、そういったことが一番注意したいことになります。

 

予防法はありますか?

 

 

実際、色々な研究がされていますが中枢性に現れることが多いといわれていて、なかなか予防方法がないといわれています。

 

自分で可能な限りリラックスして噛み締めをしない、歯ぎしりをしない、という風に言い聞かせるだとか、歯を守るためのマウスピースを入れる、という対処法が一般的で、そのマウスピースはいくつかの商品が出ています。

 

自覚症状がない人が注意すべきことは?

 

 

自覚が無い人はほとんど大丈夫なのですが、実はものすごく歯に力がかかっていたりだとか夜間に歯ぎしりが酷い方もいるので、噛み締めやクレンチングの人に関しては口腔内にもその傾向が表れにくいので、

 

歯科医師側も患者さん側も含めて、もし本当にある場合はどのように見抜くか、どう理解するか、といったところが一番重要になってきます。

 

 

関連分類から探す