矯正治療の前にやっておくべきこと

矯正歯科
歯並びに悩む方なら、一度は矯正治療の受診を考えたことがあるのではないでしょうか? 矯正治療は単純に歯並びだけの治療かと思われがちかもしれませんが、実はそれ以外の体の 状態も、矯正治療に大きく関わってくるのです。今回は矯正治療の前に知っておくべき体の 状態と治療方法について、日々多くの患者さんの矯正治療に携わっている渋澤矯正歯科の院 長、渋澤龍之先生にお話を伺いました。

矯正治療の前に必要な検査について教えてください。

 

まずはお顔立ちを評価するようなレントゲンお顔の写真お口の中の写真、更にはパノラマという、歯の根っこや顎骨の状態が観れるようなレントゲン、こういったものを一般的に撮ります。

プラスαとしてやはり重要になってくるのは、形態だけではなくて機能的な問題です。

ものを食べる、発音するということができないといけないわけですから、多くの場合顎関節や、噛み癖などが問題になってくると思います。

 

顎の関節に問題がある場合、どのように診断しますか?

 

 

今この患者さんのどこに問題があるのか?という部分を診ていきます。 関節のいわゆる筋肉疲労みたいなもので痛みが出てるだけなのか、そうではなくクッションがずれてしまっているのか、更には骨に問題があるのか、

といった関節の評価を問題がある場合はしっかり対応しなければいけません。

プラスαで、例えばお口を開け閉めするときの顎の動き、こういったものに何か問題がないか、というようなことも臨床の観点から診ていくことになります。

 

関節に問題がある場合、どのように矯正を進めるのですか?

 

 

ケースバイケースになるので全てが全て当てはまるわけではないのですが、一般的に関節に問題がある方の場合、まずは痛みがあるかを診断します。

あれば痛みを取るような処置が必要になると思います。

痛みが取れた後も、関節のコンディションを整えていく。関節のコンディションが整った後、矯正治療をやるのであれば、どういう治療方針になってくるのかをを考えていくことになると思います。

 

関連分類から探す