医療機器の衛生管理について

その他
歯の治療現場は常に清潔な環境が保たれているものですが、それは様々な患者さんの歯に直 接触れる医療器具にも当てはまります。快適で安全、安心な治療を行うためには、歯医者さ んの日々の衛生管理が重要です。具体的にどのような衛生管理を行っているのか、川越歯科 医院の院長、川越元久先生にお話を伺いました。
出演医師 補綴(被せ物)

川越 元久 先生

川越歯科医院

クリニックの衛生管理で大切なことは?

 

歯を削る機械など色々ありますけれども、その取り外しができる部分を消毒して、滅菌する。

まずそれがとても重要なことです。

それ以外のところですと、機械のユニット内にチューブが通っていて、そこに水が流れてるんですけれども、その水をきれいにして使うことが非常に重要になってくるわけです。

 

 

除菌されていない水の危険性について

 

歯を削る機械は、水が逆流すると言われてるんです。その水が中に溜まってしまうと、チューブを汚染してそこにばい菌が住み着いてしまいます。

きれいな水のつもりでも、ばい菌の水を撒き散らしてしまっているということが起こるんですね。

 

 

水をきれいに保つための対策は?

 

残留塩素が20ppmという、適正に補正した水を全ユニットに流しています。

適正な数値を保った水は、チューブ内のばい菌を死滅させるという効果があるので、常にお口の中に流している水が除菌・殺菌をした状態で、治療ができるというメリットがあります。

 

関連分類から探す