矯正治療と抜歯

矯正歯科
適正な噛み合わせや美しい歯並びにするための矯正治療は、必要に応じて抜歯を行うことが あります。残っている歯をわざわざ抜かなければならない理由とは何でしょうか? また、 親知らずは抜くべきか否かと悩まれる方も多いと思いますが、放置しておくとどのような影 響があるのでしょうか? 銀座アベニュー矯正歯科の院長、野寺義典先生に、矯正と抜歯に ついてお話を伺ってきました。

矯正をするには、抜歯が必要ですか?

 

矯正治療において抜歯をすることはよくありますが、大きな理由は2つあると考えられます。

一つは、歯のガタガタがたくさんある、歯がうまく並びきらないということです。それから、歯が飛び出している、つまり横顔がすごく出っ歯に見えてしまうという状態は決して良くないので、歯を抜いて引っ込めていきます。

 

 

親知らずを放置すると、悪影響がありますか?

 

ちょっとびっくりすると思いますが、親知らずは前にある歯の根っこを食べてしまうということがあるんです。

大人の歯に生え変わる時に、大人の歯というのは子供の歯の根っこを順番に食べてくんです。

食べきったところで子供の歯がぽろんと抜けて、大人の歯の生え変わります。

同じように、親知らずも前にある歯の根っこを食べてしまうということがあります。そういう場合には、前の歯がダメージを受けてダメになってしまうこともあります。

 

 

親知らずは抜いたほうがいいのですか?

 

例えば、根っこが食べられてダメージを受けているような歯は、残しておいても長くもたない可能性があります。

その場合、その歯を抜いて矯正の力で親知らずを動かしていく方法が、一つ考えられます。

それから、歯を並べていく時も後ろに親知らずがあると、その前の歯がどうしても動かないことがあります。

その場合には、逆に親知らずを抜いて、周りの歯を動かす方法をとります。

「親知らずをうまく活用する」ということを一つの方法として捉えていますね。

 

 

関連分類から探す