根管充填について

歯内療法(根の治療)
歯の根が欠けてしまった場合に、欠けたところを埋める根管充填という治療法がありま す。治療の手順は根の状態に応じて様々ですが、具体的にはどのような手法をとってい るのでしょうか? 今回は、ソフィアデンタルクリニック分院の梅田貴志先生に、根管 充填についてお話を伺いました。

 

根管充填には、どのような目的がありますか?

 

 

一つは、ばい菌がまた歯の中に入ってこないようにするということ。

そして再繁殖と言って、またばい菌が増えるのを防ぐというのが一つ。この二つが主な目的になります。

 

 

根管充填は、どのような手順で行いますか?

 

 

ゴムみたいな樹脂を使って根管を埋めるというのを常々やっていますが、それが使えないというケースもあるんですね。

歯の根っこの先が壊れちゃってるような状況や、あとは少しだけ亀裂が入って穴が開いているようなときに、MTAセメントというのを使って、補強の意味も含めて塞いであげる場合もあります。

これらは状況に応じて使い分けます。

 

 

根管治療において大切なことは?

 

 

根管治療の中で一番大事なのは、歯の中に入っているばい菌を徹底的に取り除くということです。

ご自身の体を守るためにも、必ず無菌的処置、ばい菌が入らないようなゴム状の樹脂をつけていただいたほうがよろしいかと思います。

 

我々専門医は、歯の中のばい菌を徹底的に取り除ける成功率は100%ではないということも知っておかなければいけません。

うまくいかなかった場合の次の一手というのも、常に我々は持っていますので、安心して治療を受けていただければと思っております。