肺がんの内視鏡手術、医療機関によって技術力に差が出る胸腔鏡手術とは

胸腔鏡下手術
ロボット手術
年間7万人以上の方が亡くなる肺がんは、1998年からがんの死亡者数のなかでトップになっています。これに歯止めをかけるために、超音波や気管支鏡などの検査、胸腔鏡やロボットなどの外科的治療に新しい技術が登場しました。しかしこの技術に追いつけない医療機関もあります。そこで進歩の目覚ましい胸腔鏡下手術がどのような技術なのか、肺がんのスペシャリストである福岡大学病院呼吸器外科教授岩崎昭憲先生に教えていただきます。

 

3〜4ヶ所の傷だけで済む手術、完全胸腔鏡手術

 

 

胸腔鏡手術のメリットとイメージ図

 

 

完全胸腔鏡手術とは、胸にポート(1㎝位の穴)を3〜4ヶ所作り、ここから肋骨と肋骨の間にカメラと細い道具を入れ、次にこれらを使って肺動脈・肺静脈・気管支を分け、そして肺がんになった肺葉を切除・離脱し、すべて病変をポートから取り出す手術のことです。

 

しかし、このような小さなポートから大きな肺葉をすべて取り出すのは理想的なことであり、実際には切った肺葉を外に取り出すためには1㎝以上の穴が必要になることがあります。

 

つまり完全に1㎝の傷だけで肺がんを取り出すことが出来れば、理想的な完全胸腔鏡手術になります。

 

 

3〜4ヶ所の傷にアクセスポートを併用する手術、ハイブリッド手術

 

 

胸腔鏡手術には、最初にアクセスポートを作らずにポートだけで手術する方法と最初からアクセスポート※1を作りポートと併用する方法の2種類があります。

 

このような2種類の方法を、前者が完全胸腔鏡手術、後者がハイブリット手術と呼んでいます。

 

ハイブリッド手術のアクセスポートの役目とは、胸腔鏡手術で大事なところの血管などを処理するときに肉眼で確認しながら手術を行うための穴です。

つまりポートだけで行う完全胸腔鏡手術は、アクセスポートがないことから最初から最後までモニターを見ながらすべて手術するものになります。

 

 

完全胸腔鏡手術イメージ図

 

 

さらにハイブリッド手術は、胸腔鏡手術の途中にカメラの画像で見づらい部分や何かを処理するときにアクセスポートから肉眼で覗く手術として胸腔鏡補助下手術といわれ、保険の請求上は完全胸腔鏡手術とハイブリッド手術が同じ扱いになっています。

 

※1 アクセスポート:ハイブリッド手術のアクセスポートとは、クレジットカードぐらいの大きさに開胸したものです。これは胸腔鏡手術中に直接臓器に触れたり、通常の開胸手術で使用する道具も使えます。

 

 

1ヶ所の傷だけで済む手術、Reduced Port Surgery

 

 

完全胸腔鏡手術とハイブリッド手術以外に、Reduced Port Surgery※2という手術が登場しています。

この手術では、胸腔鏡手術のために作る傷(ポート)の数をどんどん減らし、最終的には3㎝くらいの傷1つだけで全て手術できることになります。

 

このような傷1つだけの手術のことを単孔式と呼び、現在は単孔式による肺葉切除が、外国で多く行われ日本国内でも行われるようになっています。

 

ただし、小さな穴からいくつもの道具やカメラなどを入れることになり、これらが干渉することで非常に難しい手術になっているのです。

 

しかし将来的には、いろいろな道具が普及し進歩することによって、Reduced Port Surgeryという単孔式の手術も可能になってくるでしょう。

 

※2 Reduced Port Surgery :Reduced Port Surgery(レデュース・ポート・サージェリー)とは、従来の胸腔鏡手術と比較して、手術の際にできる傷の数やサイズを減らし、低侵襲性を追求した患者さまの体の負担を小さくする手術方式。

 

 

進化する胸腔鏡手術、ロボット手術が保険で使える

 

 

胸腔鏡手術は、肺がんを切除するための技術として完全胸腔鏡手術・ハイブリッド手術などが進歩してきました。

 

これ以外に、ロボット手術※3といわれるダ・ヴィンチ手術が2018年4月より保険収載になりました。

今後は、このロボット手術が普及することになりますが、病変の場所や条件などのロケーションによって胸腔鏡手術と使いわけることになるでしょう。

 

 

ロボット支援下手術

 

 

※3 ロボット手術:ロボット支援手術は、完全胸腔鏡手術では操作が難しい腫瘍に対しても、ロボットによる繊細な操作で低侵襲な手術が可能になりました。

 

 

肺がんを治療するポイント!知識と総合力のある病院

 

 

肺がんの場合、ここまで説明してきました完全胸腔鏡手術・ハイブリッド手術・Reduced Port Surgery・ロボット手術などの外科的治療、分子標的薬※4や免疫チェックポイント阻害剤※5などの内科的治療、これ以外にもたくさんの治療もあり、選択肢は数珠上になっています。

 

つまり、これらの治療方法をしっかりと知っていなければ、その人にとって1番の適正な治療ができないことになります。

だから、知識も総合力も持った病院で治療させることが良い方法になるのです。

 

 

※4 分子標的薬:分子標的薬は、がん細胞の増殖・浸潤・転移などに関係する分子を標的にして、がんの増殖や転移を効率よく抑制する薬剤です。薬剤名は、イレッサやタルセバなどが有名で経口薬になります。

※5 免疫チェックポイント阻害剤:がん細胞は免疫から逃れるために免疫にブレーキをかけて弱らせる力を持っています。免疫チェックポイント阻害剤は、このブレーキを解除することによって復活した免疫が、がん細胞を攻撃できるようにする薬剤です。薬剤名は、オプジーボやキイトルーダなどが有名で点滴静注になります。