知っておきたい、前歯の修復治療のポイント

インプラント
審美歯科
前歯は、歯の中でも人の目に触れる機会が多いため、欠損してしまったらすぐに処置をしておきたいですよね。しかし、前歯は他の歯に比べて、いくつか気を付けておくべきポイントがあるようです。具体的な内容について、岩本町デンタルクリニックの院長、新藤有道先生にお話を伺いました。

 

欠損した前歯を修復するには どんな治療方法が?

 

 

基本的にはブリッジやインプラント、あとは移植や入れ歯などがあげられると思います。

 

 

前歯の修復治療で 患者さんに留意して欲しい事は?

 

 

基本的に前歯部というのは、抜歯すると骨や肉が無くなりやすいので、何もせずに処置をすると、歯がその部分だけ長くなったり凹んでしまったりして状態が悪くなります。

そうなると、骨や肉を移植したり、歯が残っているのであれば引っ張ったり、そういうことを行う場合があります。

ですので、術前に担当の先生により良くするにはどうするべきなのかを、お話をしていただくのが一番だと思います。

 

 

その他に留意すべきポイントはありますか?

 

 

例えば、歯列不正(噛み合わせが悪い)ときは、矯正治療を考える場合があると思うんですが、インプラントを前歯に入れた後に矯正治療というのが難しいので、矯正治療を行うのであればそれを優先させていただいて、そしてインプラントを入れる、というほうがいいと思います。

噛み合わせが悪い方は、チェックをしていただいたほうがいいと思います。