それぞれの歯に、それぞれのスペシャリスト

その他
歯の治療と一言で言っても、その種類は千差万別です。患者さん一人ひとりの異なる歯の状態に対応できるよう、歯科医の世界にはそれぞれのスペシャリストが存在します。そんな、私たちの歯の健康を支える歯の専門医について、医療法人博歯会宇藤歯科医院の院長、宇藤博文先生にお話を伺いました。

 

歯科の「専門医」には、どんな種類がありますか?

 

 

矯正、小児歯科、口腔外科などがよく知られてると思いますが、他に歯周病専門医、いわゆる歯槽膿漏や、歯内療法専門医という、根っこの治療、つまり根管治療の専門医もいらっしゃいます。

あとは痛みなく手術ができるような麻酔科医、最近では審美的なものを専門的にやられてる方など、かなりいろんな先生方がいらっしゃいますね。

 

 

専門医が連携するメリットは何ですか?

 

 

日本の場合だと、一人でいろんな治療をしないといけないので、深く勉強できるというのはやはり物理的に無理だと思うんです。

しかし、それぞれ専門性の高いプロの先生にお願いすることで、かなり質の高い治療ができます。よって、患者さんの満足度も得られるのではないでしょうか。

 

 

専門医の治療を受けるには?

 

 

一般的に連携は、やはり専門の先生の所に患者さんが出向くことが多いと思います。

当院では、可能な限り専門医の先生にこちらに来ていただいて治療してもらうようにしています。

そうすることで、患者さんが出掛けていくという負担を軽減することができます。

 

関連分類から探す