矯正期間が短くなる光の治療

矯正歯科
矯正治療は、非常に長い治療期間が必要となります。しかし患者さんとしては、1日でもその期間を短くしたいところ。そんな患者さんの希望を叶える方法が、実はあるんです。矯正期間を短縮する医療器具を実際に扱っている、医療法人イースマイル矯正歯科の院長、有本博英先生にお話を伺いました。

矯正治療の期間をもっと縮めてほしいのですが…

 

 

矯正治療は、やっぱり3年くらいかかるというのが常識だと思うんですが、患者さんにとってはすごく辛い期間でもあると思うんです。

 

それを短縮するような方法というのは、歯茎に光を当てることなんです。

 

かなり治療期間が短縮されるというような結果が出ています。

 

 

どのようにして治療をしていくのでしょうか?

 

 

患者さんに加速装置というのを併用していただきます。

 

マウスピース型の機械で、56個のLEDが埋まっています。このLEDから近赤外線という光が出て、それを歯茎に当てることで細胞を活性化させるんですね。

 

加速装置の使い方は、まず口の中で噛み、5分間光を当てます。

 

その後装置をひっくり返して下顎にも光を5分間当てます。

 

この1日10分の治療を、患者さんご自身にやっていただきます。

 

 

どれくらいの効果があるのでしょうか?

 

 

通常、矯正に使用するマウスピースの交換が10日~2週間に1回くらいなんですが、その交換の頻度をすごく早くすることができます。

 

最短の方で3日に1回の交換で治療を進めるというような治療になります。

 

痛みも和らぐような感じがしますし、歯が動いているなというのがよくわかるので、使う機会があれば楽しんでいただければと思います。

 

関連分類から探す