歯科医院へ通うタイミングは決まっていますか?

予防歯科
その他
口の中の健康を保つには日頃から口内の状態に気を配ることが大切になります。 治療が終わった後も定期的に歯科医院へメインテナンスに通うことが大事であると藤原啓先生はおっしゃいます。詳しいお話を伺ってきました。

歯牙移植後に気をつけることは?

 

 

移植した歯が口の中にあるという意識を持っていただくことが大事になってきます。

 

移植した歯は他の天然歯とは異なって、独特の歯の位置の変化や歯肉の炎症を起こすことがあるので、定期的にメインテナンスに来ていただいてチェックする過程で速やかに変化を見つけられれば早急に対応することが出来ます。

 

そうすれば歯が長持ちすると考えています。

 

 

メインテナンスでチェックすることは?

 

 

衛生士が歯の汚れについてチェックをします。

 

もし汚れが残っていれば歯ブラシや歯間ブラシ、糸ようじなどを使った患者さんに合った日頃のお手入れの方法を説明させていただきます。

 

歯周ポケットといって歯と歯の境目の深さを測りますが、その計測によって歯茎の炎症の有無や、歯茎の下の骨に炎症があって溶けたりしていないかということを確認します。

 

さらに虫歯のチェックも行い必要に応じて生活指導なども行います。

 

 

技工士がいる歯科医院に通うメリットは?

 

 

院内技工士が必ずいる歯科医院というのはあまりないかもしれません。

 

やはり常に技工士が院内にいてくれる事で、被せ物や詰め物に患者さんからのリクエストを細かく対応することができます。

 

また、入れ歯などが壊れてしまったときに即日対応することが可能です。

 

お待たせすることもないので、患者さんに気持ち良く過ごしていただくことができるかなと思っています。