出来るだけ自分の歯を残すには?

一般歯科
健康な歯や一度虫歯を完治した歯が再び虫歯になったり、抜歯の危機に陥るのはなぜなのでしょうか? また、そうした状態の歯を残すにはどのような治療が必要になるのでしょうか? 田中歯科医院の院長田中憲一先生にお話を伺いました。

 

抜歯が必要と言われた歯を残すことは可能ですか?

 

 

残せますが、ただ歯に被せ物を装着するだけではなく、被せるための前処置というのが必要になってくることが多いです。

歯周病というのは感染症ですので、複合的な治療が必要になってくると思います。

虫歯の場合は、歯根破折で言えば割れているところが浅いと、例えばその歯を部分矯正して引っ張り上げて残すこともできます。

そこはいろんな治療オプションがありますので、精査をした上で歯を残せるケースは非常に多くあると思います。

 

 

なぜ治療した歯が再び虫歯になるのですか?

 

 

治療で手を加えれば加えるほど、削れば削るほど、歯質が薄くなります。つまり、それだけ破折したり装着したものが取れたりするリスクが高くなっていくということです。

その辺りをしっかり患者さんに理解していただいた上で、その歯がしっかりとある程度の強度を保ち、口腔内で機能していけるような状態を提供していくのが必要であると、お伝えするようにしています。

 

 

痛みがなくても定期的にクリニックに通う必要がありますか?

 

 

大きな被せ物などたくさん装着物がある患者さんの中でも、加えて神経が取られている、いわゆる失活という状態になっていると、仮にその境目から虫歯が進行したとしても、かなりの状態にならない限り自覚症状が出てきません。

全て神経がある歯でしたら、外装のエナメル質を貫通して、虫歯が象牙質に進行した辺りから、症状がじわじわ出始めてきます。

それはやはり神経があるが故、ここが悪いんだよと体に教えてくれているサインと受け取れますが、神経が無い歯はそのサインがなかなか出ません。

ですので、必ず定期的な検診やケアを受けていただくことが必要になると思います。

 

関連分類から探す