親知らずを抜く理由

口腔外科
矯正歯科
気が付かないうちに生えてくる親知らず。「抜いたほうがいい」と耳にすることがありますが、わざわざ生えてきた歯を抜く必要はあるのでしょうか? そしてその理由とは? 今回は、濱本歯科口腔外科クリニックの院長、濱本和彦先生に、親知らずの抜歯についてお話を伺いました。

親知らずは必ず抜いたほうがいいのでしょうか?

必ずというわけではないんですが、歯科医側からすると「これはもう痛みがでてきそうだ」とか「手前の歯が早めにダメになってしまうんじゃないか」など、そういったことが予測される場合は、抜歯をしたほうが良いと判断し、患者さんに説明します。

 

矯正治療を行う患者さんの場合ですと、親知らずがあるとどうしても矯正が終わった後に再び歯並びが悪くなってしまうということがたまに起こります。

 

このように、一つの原因にはなりますので、矯正の先生の診断があれば抜歯するほうが良いと思います。

 

 

親知らずは簡単に抜けるのでしょうか?

親知らずが生えない理由が、やはりあるんです。

 

何かに引っ掛かっているなど、そういうことで生えてこないわけですから、障害になっている部分を取り除かなければならなくなりますので、その分治療が非常に難しくなる場合もあります。

 

また、抜くときには神経の損傷などにも注意しないといけないので、なかなか一般の歯医者さんでは抜いてもらうことが難しく、総合病院を紹介されるかもしれません。

 

これも先生と十分お話をしていただいて、一番良い方法を選択されるのが良いかと思います。

 

抜歯が難しい親知らずはどのように対処しますか?

難しい症例は歯科用のCTを作成して、レントゲンだけではわからない根の奥の状態を十分確認した上で、抜歯するというのが一番大事だなと思います。

 

それと、やはり抜歯をした後の一週間くらいの生活はどうなるかということも、最初に十分お話をしておきます。

 

治療後は顔がパンパンに腫れてしまったなど、そのような問題も起こってきますので、その辺を十分説明した上で抜歯をするようにはしています。