石亀 勝

石亀 勝 先生

診療科

歯科

専門分野

矯正歯科

銀座ハート矯正歯科

住所: 東京都中央区銀座2-11-2 銀座2112ビル6階

tel: 03-3546-0810

アクセス

  • 東京メトロ「銀座一丁目駅」「銀座駅」「京橋駅」「東銀座駅」「宝町駅」、JR「有楽町駅」「銀座一丁目駅」 10、11番出口より徒歩約30秒 「銀座駅」 A13番出口より徒歩約5分 「京橋駅」 2番出口より徒歩約5分 「東銀座駅」 A2番出口より徒歩約5分 「宝町駅」 A3番出口より徒歩約5分 JR「有楽町駅」 京橋口改札より徒歩約8分

専門領域におけるお取り組み

日進月歩する矯正装置にとらわれるのではなく、患者様ひとり一人に最適な診断と治療方針の立案にこだわり、
審美性、機能性、安定性に関し、グローバルスタンダードに基づいた予測実現性の高い治療を心がけております。

成人矯正歯科治療は70歳代の方まで対応しており、全ての患者様へ診断用予測模型を製作し治療後の咬合
関係をシミュレーションすることで治療方針の決定やイメージアップ、モチベーションアップに役立てております。

また、無理矢理非抜歯で治療を行うことはしておりませんが、治療初期に下顎並びに下顎頭をナチュラルな
ポジションへ誘導した後に抜歯・非抜歯の判定を行っております。これにより不必要な抜歯を避けることが出来、
当院での非抜歯治療は全体の96%(2013年調べ)になっております。

小児矯正歯科治療では早期治療を推奨し、反対咬合は3歳から治療開始しております。その他の不正咬合へは
症状に応じて、個々の歴齢、歯齢、骨年齢を考慮し、治療効果が最も上がる時期を選び、必要最小限の装置、
装置使用の協力度、そして治療期間で結果が出せるように治療方針を決定しております。

動的矯正歯科治療後も良好な咬合関係が維持できるようリテーナーの使用以外にも治療初期から口腔周囲
筋機能訓練を並行して行っております。更に、インターディシィプリナリーアプローチの一環として補綴前矯正
歯科治療も行っており、積極的に他科との連携を取っております。

長期にわたる治療ですので、患者様のモチベーションアップのために何でも話し合える様な
良好なコミュニケーション作りにも心がけております。

略歴

  • 1966年 青森県田子町(にんにく日本一)に生まれる
  • 1985年 八戸高等学校 卒業
  • 1991年 日本大学歯学部 卒業、歯科医師免許 取得、岩手医科大学歯学部歯科矯正学講座 入局
  • 1996年 日本矯正歯科学会 認定医資格 取得
  • 1999年 歯学博士号 取得、米国アリゾナ州ツーソン THE TWEED COURSE 受講
  • 2000年 米国イリノイ州立大学シカゴ校(UIC)、歯学部歯科矯正学講座 clinical advanced program 入学
  • 2002年 同校 clinical advanced program 卒業
  • 2003年 岩手医科大学歯学部歯科矯正学講座 助手、日本矯正歯科学会 指導医資格 取得
  • 2004年 岩手医科大学歯科衛生専門学校 非常勤講師(~2006年)
  • 2006年 岩手医科大学歯学部歯科矯正学講座 退職、医療法人 一心会 理事
  • 2007年 岩手医科大学歯学部歯科矯正学講座 非常勤講師
  • 2008年 銀座ハート矯正歯科 開設

所属学会・資格・役職など

  • 日本矯正歯科学会
  • 東京矯正歯科学会
  • 東北矯正歯科学会
  • 日本顎関節学会
  • American Association of Orthodontists
  • World Federation of Orthodontists

セミナー

  • 2012年 インターディシプリナリーアプローチ研究会主催 第1回 沖縄セミナー 講演
  • 2013年 インターディシプリナリーアプローチ研究会主催 第2回 沖縄セミナー 講演