Doctorbook Doctorbookとは?

小方 頼昌 Yorimasa OGATA

小方 頼昌
勤務施設 日本大学松戸歯学部 歯周治療学講座 千葉県松戸市栄町西2-870-1 公式サイト
出身大学 日本大学松戸歯学部 登録年度 1984
対応言語 日本語,英語 出身地 東京都江東区

推薦医師からのメッセージ

小方頼昌先生は2001年10月から日本大学松戸歯学部歯周治療学講座の教授を務められ
優れた基礎研究や臨床、学内外での教育ともに力を注いでおられます。

又、多数の著書を執筆されています。

日本歯周病学会においては常任理事や国際交流委員長、編集委員会委員長を務め、
日本歯科保存学会では理事を歴任され日本の歯周病治療の発展に貢献されています。
若くして教授になられ、今後の日本の歯科界を牽引する先生だと確信しております。

主領域

歯周治療

専門領域

歯科一般, 歯周病, インプラント

専門領域における取り組み

歯周基本治療を重視した歯周治療

所属学会・団体

日本歯周病学会
日本歯科保存学会
日本臨床歯周病学会
歯科基礎医学会
日本骨代謝学会
日本歯科薬物療法学会
International Association for Dental Research,
American Academy of Periodontology
American Society for Biochemistry and Molecular Biology

経歴

1959年12月 東京都生まれ
1984年 3月 日本大学松戸歯学部卒業
1988年 3月 東京医科歯科大学大学院歯学研究科修了
1988年 4月 日本大学助手 松戸歯学部 歯周病学講座
1991年 4月 日本大学講師 松戸歯学部 歯周病学講座
1992~1993年 カナダトロント大学歯学部 歯周生理学部門
2001年10月 日本大学教授 松戸歯学部 歯周病学講座
2005年 4月 日本大学教授 松戸歯学部 歯周治療学講座

趣味

映画,読書

歯科医を志したきっかけ

開業歯科医師であった父の影響から

一言メッセージ

多くの歯周病の患者さんが紹介で来院されますが,その中のほとんどは,
歯周病専門医でなくても治療できる患者さんです。
歯周病の患者さんの治療を行うスキルを身につけることで,診療の幅が広がると思います。

勤務施設情報

名称 日本大学松戸歯学部 歯周治療学講座公式サイト
住所 〒271-8587 千葉県松戸市栄町西2-870-1
電話 047-368-6111
最寄り駅 JR松戸駅
西口1番バス乗り場(京成バス)「日大歯科病院」行きバス終点下車(乗車時間約15分)

著書・講演活動

著書・論文

論文

1. Samoto H, Shimizu E, Matsuda-Honjyo Y, Saito R, Nakao S, Yamazaki M, Furuyama S, Sugiya H, Sodek J, Ogata Y. Prostaglandin E2 stimulates bone sialoprotein (BSP) expression through cAMP and FGF2 response elements in the proximal promoter of the rat BSP gene. J Biol Chem 278, 28659-28667, 2003.
2. Nakayama Y, Nakajima Y, Kato N, Takai H, Kim D, Arai M, Mezawa M, Araki S, Sodek J, Ogata Y. Insulin-like Growth Factor-I Increases Bone Sialoprotein (BSP) Expression Through Fibroblast Growth Factor 2 Response Element and Homeodomain Protein-binding Site in the Proximal Promoter of the BSP Gene. J Cell Physiol 208, 326-335, 2006.
3. Ogata Y. Bone sialoprotein and its transcriptional regulatory mechanism. J Perio Res 43, 127-135, 2008.
4. Takai H, Araki S, Mezawa M, Kim D, Li X, Yang L, Li Z, Wang Z, Nakayama Y, Ogata Y. AP1 Binding Site is Another Target of FGF2 Regulation of Bone Sialoprotein Gene Transcription. Gene 410, 97-104, 2008.
5. Han J, Okada H, Takai H, Nakayama Y, Maeda T, Ogata Y. Collection and Culture of Alveolar Bone Marrow Multipotent Mesenchymal Stromal Cells from Older Individuals. J Cell Biochem 107, 1198-1204, 2009.
6. Sato K, Yoshimura A, Kaneko T, Ukai T, Ozaki Y, Nakamura H, Li X, Matsumura H, Hara Y, Ogata Y. A single nucleotide polymorphism in 3'-untranslated region contribute to the regulation of Toll-like receptor 4 translation. J Biol Chem 287, 25163-25172, 2012.
7. Kato A, Imai K, Ochiai K, Ogata Y. Higher Prevalence of Epstein-Barr Virus DNA in Deeper Periodontal Pockets of Chronic Periodontitis in Japanese Patients. PLoS One 26;8(8):e71990, 2013.
8. Ogata Y, Matsui S, Kato A, Zhou L, Nakayama Y, Takai H. MicroRNA expression in inflamed and noninflamed gingival tissues from Japanese patients. J Oral Sci 56, 253-260, 2014.
9.Nakayama Y, Takai H, Matsui S, Matsumura H, Zhou L, Kato A, Bernhard Ganss B, Ogata Y. Proinflammatory cytokines induce amelotin transcription in human gingival fibroblasts. J Oral Sci 56, 262-268, 2014.
10. Kato A, Imai K, Ochiai K, Ogata Y. Prevalence and quantitative analysis of Epstein - Barr virus DNA and Porphyromonas gingivalis associated with Japanese chronic periodontitis patients. Clin Oral Invest 19, 1605-1610, 2015.

著書
2016年『歯科衛生士講座 歯周病学 第3版』永末書店
2015年『最新歯科衛生士教本 歯周病学 第2版』医歯薬出版
2015年『新版 日本歯科用医薬品集』永末書店
2014年『ザ・ペリオオドントロジー 第2版』永末書店
2013年『臨床歯周病学 第2版』医歯薬出版
2010年『医師・歯科医師のための口腔診療必携』金原出版
2009年『審美再建歯周外科カラーアトラス』西村書店
2008年『歯周病学の視点からみた国民の健康増進』医歯薬出版
2008年『ラタイチャーク カラーアトラス歯周病学第3版』永末書店
2008年『疾病の成り立ちおよび回復過程の促進3 薬理学』医歯薬出版
2007年『プリベンティブペリオドントロジー』医歯薬出版
2007年『失敗しない歯周外科』クインテッセンス出版
2005年『標準歯周病学第4版』医学書院
2004年『カラーアトラスハンドブック歯周治療臨床ヒント集』クインテッセンス出版
2000年『歯周病 新しい治療を求めて』先端医療技術研究所

講演・セミナー

1. 2009年8月 中国牙周病学会特別講演 ”Collection and Culture of Alveolar Bone Marrow Multipotent Mesenchymal Stromal Cells from Older Individuals”
2. 2010年10月 歯科基礎医学会シンポジウム “Function of Amelogenins in Periodontal Regeneration Induced by Enamel Matrix Derivative”
3. 2013年9月 Asian Pacific Society of Periodontology (APSP) Meeting in Nara, Country Speaker, “Effects of Flavonoids on the Expression of Bone Sialoprotein Gene”
4. 2014年9月 日本口腔インプラント学会テーマシンポジウム 「日本歯周病学会インプラント実態調査の概要」
5. 2016年3月 中国牙周病学会特別講演 “Proinflammatory cytokines induce amelotin transcription in gingival fibroblasts and higher prevalence of EBV DNA in deeper periodontal pockets of chronic periodontitis in Japanese patients”
6. 2016年5月 日本歯周病学会春季学術大会 鹿児島 シンポジウム 「日本歯周病学会インプラント実態調査から考える:インプラント長期安定性はどの程度か?」