審美修復治療について

審美歯科
今ある歯を美しくしてくれる審美修復治療は、日々進化を遂げています。では、治療の進歩 によって審美性は以前よりも保たれるようになってきているのでしょうか? また、より良 い審美修復治療を受けるにはどんなことに気をつければよいのでしょうか? 今回は、天川 デンタルオフィス外苑前の院長、天川由美子先生にお話を伺いました。

 

「審美修復治療」は、過去と比べてどう変わった?

 

 

昔の審美修復手術というのは、歯をたくさん削ってたんですが、今はホワイトニングで歯を削らずに白くすることもできます。

また、コンポジットレジンという材料で、歯を少しだけ削る、または全く削らずに綺麗にするということも可能になりました。

 

 

どのような分類・手法がありますか?

 

 

大きく分けて直接法間接法があります。

直接法というのは、その場でコンポジットレジンという樹脂を使って修復していくという方法です。

間接法というのは、歯を少し削って型を取り、歯科技工士さんが作ってくれた修復物をくっつけるという方法になります。

 

 

修復した歯は、長持ちしますか?

 

 

例えばセラミックの被せ物があるとします。それ自体の強度というのももちろん上がっていますが、それまでは歯の成分である象牙質には樹脂はつかないとされていました。

しかし、接着材料がたくさん増えてきてますので、審美修復治療の長持ちさも、昔と比べますと良くなっていると思います。

 

 

良い「審美修復治療」を受けるためのポイントは?

 

 

歯を綺麗にしたいと思った時は、いきなり歯を削るということではなくて、「こんな治療がありますよ」「どんな歯が好きですか? 」というように、気楽に相談し合えるような信頼関係を、先生と築きながら進めていただきたいと思います。

焦らずに、じっくりと自分と相性の良い先生を探していただきたいと思います。

 

関連分類から探す