インプラントを長持ちさせるには

インプラント
歯周病や虫歯や怪我などが原因で自分の歯を失ってしまった場合、インプラントによる治療を行うことになる場合があります。インプラントを入れるにあたって注意するべきことはなんでしょうか? 昭和歯科医院に木南意澄先生に伺いました。
出演医師 インプラント

木南 意澄 先生

昭和歯科医院

どんな状態の歯でもインプラント治療は簡単に行えますか?

 

 

出来るだけ天然歯と同じように違和感の無い状態で、長期的に使ってもらいたいので、簡単なものは簡単に治療は行えるのですが、少し難しいものはいろいろな工夫を行いながら清掃性や噛み合わせに配慮した治療をしています。

 

 

難しい症例の場合、どのような処置をするのでしょうか?

 

 

何よりインプラントを入れる位置が大事になってきます。

 

入れたい位置に骨がなかったりする場合インプラントの位置を工夫してみたり、人口の骨を使って骨を造ることができるスペースを作ります。

 

インプラント治療をきちんとしようと思うと必要になってくる処置かなと思います。

 

 

インプラント治療後も通院は必要ですか?

 

 

インプラントは入れてしまえば終わりというものでは無いです。

 

難しいことではないですがメインテナンスが必要になってきますので、長期的に通っていただいて、一緒に長持ちさせていけたらいいなと思います。