インプラント治療と歯周病

歯周病
インプラント
義歯(入れ歯)
インプラント治療を行う前に、何が原因で歯を失ったのかということが 治療方針を決定するうえで重要になります。歯周病が原因で歯を失った場合には その歯周病菌がインプラントに感染するリスクが高くなります。 治療を成功させるために大切なことを吉竹歯科医院の吉竹賢祐先生に教えてもらいました。

インプラント治療前に知っておくべきことは?

 

 

何が原因で歯を抜かなければいけない状態になったかということが重要です。

 

虫歯が原因なのか、歯周病が原因なのか、その原因によってインプラント治療の方針も少しずつ変わっていきます。

 

 

歯周病で歯を失った場合に注意すべきことは?

 

 

歯周病菌は骨を溶かします。

 

その歯周病菌がインプラントに感染するリスクがあります。

 

インプラントはチタンでできているので虫歯になることはありませんが、インプラント支台の表面のザラザラした部分に歯周病菌が入ってしまうと取り除くことが困難になります。

 

 

すべての歯を失った場合の治療法は?

 

 

すべての歯を失ったからといって歯周病菌がゼロになるわけではありません。

 

舌や口腔内の粘膜に歯周病菌は潜んでいます。

 

したがって歯をすべて失った場合でも非常に清掃性の高い被せ物やインプラント上部構造を作ることが大切になります。

 

また最近では、インプラントを2本程度埋入し、磁石を入れ、義歯と連結させるといった方法も用いることがあります。

 

そうすることで義歯が安定し、咀嚼能力を高めることができます。

 

本サイトの利用にあたっては、当社の定める利用規約が適用されます。利用規約はこちらからご確認ください。