錦織 淳

錦織 淳 先生

診療科

歯科

専門分野

補綴

錦織歯科医院

住所: 東京都目黒区上目黒1-17-5 塚本ビル1階

tel: 03-6452-2531

アクセス

  • 東急東横線 中目黒駅徒歩2分

専門領域におけるお取り組み

患者さんにとってベストの治療を、うまくコミュニケーションをとる事により選択します。
治療方針・治療計画に関しては、客観的なデータを考慮し、最終決定には患者自信にも参加して頂くように心がけています。
もちろん、治療の質にもこだわりを持ち、特に修復物の精度、生体力学的コントロールには自信をもっております。

略歴

  • 1970年 東京都に生まれる 
  • 1989年3月 大阪府立北野高等学校卒業 
  • 1992年4月 東京理科大学理学部化学科入学
  • 1993年3月 東京理科大学理学部化学科中退
  • 1993年4月 東京歯科大学入学
  • 1999年3月 東京歯科大学卒業
  • 1999年4月 藤本歯科医院勤務
  • 2005年3月 藤本歯科医院退職
  • 2009年7月 インディアナ大学補綴科大学院入学
  • 2012年6月 インディアナ大学補綴科大学院卒業 
  • 2013年3月 修士(補綴学)の学位受領(インデイアナ大学)
  • 2013年2月 有楽町デンタルオフィス就職 
  •        現在に至る

所属学会・資格・役職など

  • The American College of Prosthodontics
  • 藤本研修会 講師

受賞・著書・論文など

  • 1. Atsushi Nishigori
  • Influence of Surface Treatment on Veneering Porcelain Shear
  • Bond Strength to Zirconia after Cyclic Loading (学位論文)
  • Indiana University
  • 2. Atsushi Nishigori
  • Influence of Surface Treatment on Veneering Porcelain Shear Bond Strength to
  • Zirconia after Cyclic Loading (The Journal of Prosthetic Dentistry, Volume 112,
  • Issue 6, December 2014, 1392-1398)

セミナー

  • 学 会 発 表 :
  • 1. Paul P. Romriell, D.M.D., Atsushi Nishigori, D.D.S., John A. Levon, D.D.S., MS
  • Direct and indirect post and core: Case reviews
  • American Academy of Fixed Prosthodontics meeting, Feb 26th 2011, Chicago,
  • U.S.A
  • 2. Atsushi Nishigori, D.D.S., Jason Au-Yeunng, D.D.S.
  • Interdisciplinary approach for previously failed implant site in the esthetic zone
  • Indiana university research day, April 16th, 2012, Indiana, U.S.A
  • 3. Atsushi Nishigori, D.D.S., Jeffery Platt, D.D.S.
  • Zirconia Surface Treatment and Veneering Porcelain Shear Bond Strength
  • AADR/CADR Annual Meeting, March 19th, 2014, North Carolina, U.S.A
  • 講 演 会 :
  • 1. ペリオパートナーと行ったインプラント補綴治療
  • 3病院合同歯周病勉強会    東京都 2013年3月21日
  • 2. 帰朝報告  
  • 藤本研修会 2013年OB総会  東京都 2013年3月31日
  • 3. アンテリアガイダンス
  • 歯周病合同勉強会   千葉市 2013年4月19日
  • 4. Implant Retained Overdenture
  • 米国歯科大学院同窓会     東京都     2014年1月11日
  • 5. ジルコニアレストレーションを成功に導くために
  •   藤本研修会OB総会      東京都     2014年4月6日
  • 6. 予知性の高い補綴治療を目指して
  •   ODC Seminar 岡山県     2014年6月29日
  • 7. ジルコニアレストレーションを成功に導くために
  •   東京歯科大学目黒支部学術講演 東京都     2014年9月4日
  • 8. Anterior guidanceと審美
  • 藤本研修会OB総会      神奈川県    2015年3月29日

関連分類から探す