尿路結石症治療の進歩:最新の治療トレンドは?再発予防の方法も

尿路結石症は、誰もがなる可能性があるポピュラーな病気です。治療法は人によって様々で、薬の内服で治るケースもあれば、全身麻酔による手術が必要なケースもあります。今回は、尿路結石症の治療のトレンドや、予防のために重要なことなどについて、大口東総合病院 泌尿器科の松崎 純一先生に教えていただきました。

 

国内における治療のトレンド:内視鏡治療が増加傾向に

 

 

尿路結石症の治療において、今までは9割のケースで体外衝撃波結石破砕術(ESWL)が採用されてきました。

しかし、ここ数年は、経尿道的尿管結石破砕術(TUL)を採用するケースが7割以上を占めています。

この理由としては、やはり成功率が高いことが一番に挙げられます。

 

また、レーザーファイバーという新しい内視鏡などが発達したことも理由の一つです。

 

国内における尿路結石症の治療法のトレンド

 

 

大口東総合病院における治療実績:PNLとTULの同時治療が増加

 

 

最も負担なく、日帰りで実施可能なESWLの症例については、以前は年間500人程度であったのが、100~150人位に減少しています。

 

一方、TULの症例は400~450人程度と増加傾向にあります。

 

経皮的腎尿管結石破砕術(PNL)の年間治療数は全国で2000件弱ですが、本院では年間150~200件程度実施しています。

症例の多くで、PNLとTULの同時治療を行なっています。

 

大口東総合病院における尿路結石症の治療実績

 

 

尿管ステントについて:留置しないことが推奨

 

 

尿路結石の治療後、尿管ステントと呼ばれるバイパスを体内に留置することがあります。

以前は尿路結石症の内視鏡治療を行う際は必ず留置しなければならないものでしたが、血尿や排尿痛、残尿感、下腹部の違和感など非常に苦痛を伴うことが多い処置でした。

これらの症状によって日常生活に支障が出ることが多かったため、現在のガイドラインでは、治療が問題なく行えていれば、なるべく尿管ステントを留置しないことが重要とされています。

 

尿管ステントの留置については、内視鏡手術の手技の良し悪しステントそのものの材質などによっても様々な症状が起こり得ると言われています。

 

 

尿路結石症の予防について:水分摂取と適度な運動が鍵

 

 

尿路結石症のガイドラインでは、1日に2リットルの水分を摂取することが再発予防として推奨されています。

 

水に近い、つまり透明で薄い尿をたくさん出す方が結石は形成されにくいのです。

日常的に体を動かすことで、結石が形成されたとしても、小さいうちに排出することが出来ます。

また、メタボリックシンドロームの人は尿路結石症に罹患しやすいことが分かっています。

 

尿路結石症の原因

 

 

患者さんへのメッセージ

 

 

尿路結石症の患者さんは非常に多く、自力で結石を排出する人もたくさんいます。

 

しかし、一度罹患すると再度罹患しやすくなるため、再発予防と、定期的な検診が重要です。

ガイドラインでは半年に一度の泌尿器科検診が推奨されています。

 

尿路結石症の再発率

 

 

 

「尿路結石症治療の進歩:最新の治療トレンドは?再発予防の方法も」に関する記事・動画

尿路結石症の治療法:薬を飲んで治る?手術が必要?
尿路結石症ってどんな病気?なりやすい人は?症状や検査法も

関連病名から探す

本サイトの利用にあたっては、当社の定める利用規約が適用されます。利用規約はこちらからご確認ください。