妊娠糖尿病はどのような病気で、合併症や診断・検査はどのようなものがあるのか?

近年では、生活習慣の変化や晩婚化・妊娠年齢の高齢化などライフスタイルの変化による影響もあり、妊娠糖尿病となる方が増えています。妊娠糖尿病とはどのような病気なのか、どのような合併症を起こすのか、どんな検査が必要となるかについて、愛媛大学大学院医学系研究科・産婦人科学 杉山 隆先生に教えて頂きました。

 

妊娠糖尿病の概要

 

 

妊娠糖尿病には、血糖を下げる作用を持つホルモンであるインスリンが大きく関与しています。

通常では、インスリンの分泌と抵抗性のバランスはとれており、妊娠後半期になるとインスリン抵抗性が増加するのが正常です。

 

しかし、妊娠前からインスリンの分泌が悪い方の場合、妊娠後半期にインスリン抵抗性が増加した際にインスリン分泌が追い付かなくなり、結果として血糖が下がりにくくなるため母体の血糖値が高くなります。

このように血糖が高くなっている状態が妊娠糖尿病です。

母体のインスリン抵抗性がおこり母体血糖が少し上がる事は胎児の発育という視点では素晴らしいことですが、上がりすぎると様々な合併症を引き起こすことがあります。

 

 

妊娠糖尿病の合併症

 

 

母体の合併症としては妊娠高血圧羊水増加帝王切開の増加、胎児が大きくなることによる難産等があります。

 

胎児側の合併症としては、周産期死亡や特に妊娠初期の高血糖では先天異常に関連します。

その他にも、分娩周辺期で血糖コントロールが悪いと、胎児機能不全、過剰発育による分娩障害神経障害等が起こる事があります。

多くは新生児の低血糖、高ビリルビン血症による黄疸等がメジャーな合併症としてあげられます。

将来の合併症として、糖尿病や肥満を含む生活習慣病に関連する事も知られています。

 

 

妊娠糖尿病の検査・診断

 

 

妊娠前後半にそれぞれスクリーニングを公的補助金で実施し、随時血糖などを測定しています。

100㎎/dl以上であれば追加で75g経口ブドウ糖負荷試験を実施し、診断を行います。

 

妊娠前半の診断はまだグレーな部分もあり、今後のエビデンスが待たれていますが、見逃されていた病気を見つけることに重点を置いています。

 

 

 

「妊娠糖尿病はどのような病気で、合併症や診断・検査はどのようなものがあるのか?」に関する記事・動画

妊娠糖尿病における産後のフォローアップについて
妊娠糖尿病の疫学的な罹患傾向・治療法について
本サイトの利用にあたっては、当社の定める利用規約が適用されます。利用規約はこちらからご確認ください。