ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングを用いた虫歯治療

ダイレクトボンディング
虫歯を治療する際、従来の金属を使った修復術では多くの場合、虫歯以外の場所も削りながら治療が行われていました。 ダイレクトボンディングという歯科用のレジンを用いた技法ではピンポイントで虫歯を削り取り修復することも可能だそうです。 青島デンタルオフィスの青島徹児先生に伺いました。
出演医師 保存修復(詰め物)

青島 徹児 先生

青島デンタルオフィス

「ダイレクトボンティング」とは何ですか?

 

 

金属を使った修復術というのは、虫歯の上の上の部分に健康な歯があったとしたらそこも削らないといけないが、ダイレクトボンティングを用いれば悪い部分のみを削る事が可能というメリットがあります。

 

削った部分だけにコンポジットレジンという樹脂を詰めるという手順で、症例によって限界はあるが修復することができるという材料です。

 

歯科医に求められる技術は?

 

 

観察するときに、歯科技工士さんと同じように見ることが大切です。

 

例えば「ドラえもん」というキャラクター名を聞いたとき、だいたいの人は想像ができるかと思いますが、いざ描かせてみるとドラえもんのように描ける人と全然描けない人が出てきてしまいます。

 

何が違うかというと描こうと思って見ているかどうか、によって変わってくると思っています。

 

天然歯があればそれを自分自身が作るということを思いながら観察しなければ身になっていかないと思います。

 

治療の心がけを教えてください。

 

 

歯と歯の間というのは一番虫歯になりやすい部位でもありますので、通常は噛む面から削っていって歯と歯の間を削り取ることがほとんどなのですが、噛む面は虫歯がなくて綺麗なのにそこも削らざるおえない時があります。

 

出来るだけ噛む面はそのまま残して健康な面を保ち、なるべく削らないまま治療していく事が大切であると思っています。