コンポジットレジン修復

コンポジットレジンによる治療のポイントとは

補綴(被せ物)
コンポジットレジンとは、虫歯治療で使用されるプラスチックの詰め物のこと。誰しも一度は、歯医者さんでこの治療を受けたことがあるでしょう。 多くの方に馴染みのあるコンポジットレジンですが、実は患者さんの向き不向きもあるようです。そんなコンポジットレジンについての特徴を、大谷歯科クリニックの院長、大谷一紀先生に伺ってきました。

コンポジットレジンによる歯の修復ポイントは?

長くお口の中で機能していただきたいので、そのためには虫歯をしっかり取る、しっかり接着させる。

 

あとは適合のいい充填をするというのが最低限の条件になります。

 

やはり見た目も綺麗にしたいというニーズもたくさんありますので、詰めたコンポジットレジンと残っている歯の部分の明度を合わせるというのが、1番のポイントになります。

 

 

どのような場合に有効ですか?

転んで歯を折ってしまったとか、神経のない歯であったりとか、あとは奥歯の強い力がかかるような部分にコンポジットレジンで治療して、5〜10年と長く機能される患者さんもいらっしゃいます。

 

昔は本当に小さな虫歯だけに応用されることが多かったのですが、最近では接着材もコンポジットレジン材料も非常に強くなっていますので、まずは症例に関わらず実際に施してみます。

 

それで無理だったら、金属やセラミックなどの治療法を提案させていただくことが多いです。

 

 

おすすめしないケースはありますか?

コンポジットレジンは歯より硬さが少し弱い部分がありますので、噛みしめや歯軋りがある人は、早い段階でやっぱり劣化したり欠けたりします。

 

そうした場合、金属での治療をおすすめすることがあります。

 

あとは口がなかなか開かない人の奥歯の治療や、部分虫歯ではなく歯を全部作るような大掛かりな奥歯の治療は、綺麗に精密に詰められない場合、従来の型取りの方法をおすすめする場合もあります。