コンポジットレジン修復とは

コンポジットレジン修復
虫歯の治療後の詰め物と聞くと銀歯を想像する方もいらっしゃるのではないでしょうか。 歯の詰め物の素材も進化してきています。樹脂を詰め物に使う修復法は審美性もよく治療 時間も短く済むとひぐち歯科クリニックの樋口克彦先生は仰います。詳しいお話を伺って きました。

コンポジットレジン修復とは何か?

 

 

コンポジットというのは基本的にレジンの樹脂のことを言います。その樹脂を虫歯を取ったところに詰めていく、というような治療法になります。

 

コンポジットレジン修復の利点と欠点は?

 

 

即日修復が可能な治療であり、最小限の治療でもあります。今までの治療であれば健康な歯質も削らなければならないというところがあったのですが、虫歯だけをとるという治療法になってくるのではと思います。

 

プラスチックなので水分を吸って変色をしてきたりだとか、金属や他のセラミックスに比較して耐摩耗性に関しては低いと思いますので、力のかかるようなところには少し不利かなとは思います。

 

良い「コンポジットレジン修復」を受ける為には?

 

 

極力削らないように治療するというのはすごく有効ですし、初期で虫歯を見つけることと、あとは耐摩耗性という点などで若干の欠点はありますのでリカバリーするためにも定期的に検診で診せていただきながら、

 

治療後の定期検診も大切ですし、治療前にしっかりと定期検診を受けて初期の虫歯をできるだけ早期に発見するということがコンポジットレジン修復を受ける上では有効になってきます。

 

特に痛みもないから来ない、というのではなく、定期的に受診していただいた方が治療には有利になるかなと思います。

 

 

「コンポジットレジン修復とは」に関する記事・動画

良い入れ歯とは?

良い入れ歯とは?

松丸 悠一 先生
コンポジットレジンによる治療のポイントとは
かぶせ物は「CEREC(セレック)」で制作、60分で終わる虫歯の治療について
歯科医療の進化「MI治療」とは?
意図的再植術について

意図的再植術について

伊藤 創平 先生

耳・鼻・口・喉の病気の病名から探す