良い入れ歯とは?

義歯(入れ歯)
生活するうえで支障を来すような入れ歯を装着していたとしても、 「入れ歯はこんなもの」と諦めている患者さんは少なくありません。 そういった先入観を取り除き、「患者さんの評価に基づく治療が大事」と コンフォートデンタルクリニックの松丸悠一先生は指摘します。 では、良い入れ歯を作るためにどうのような取り組みをされているのでしょうか。

入れ歯を作るのにどれぐらいの時間がかかるのでしょうか?

「こんな筈じゃなかった」

「思っていた入れ歯と違う」

 

そんな患者さんの意見は、我々歯科医師としてもとても残念なことです。

 

そうならないために、まずは学術的に良いとされる入れ歯をお口の中に入れさせていただき、患者さんの意見を伺います。

 

そこで表出した問題点や修正点を調整して、最終的な入れ歯を作っていきます。

そういった意味で少しお時間をいただくことになります。

 

 

良い入れ歯とは?

患者さんの評価をもとに治療が行われているかどうかということが良い入れ歯を作ってくれる医師の基準になると思います。

 

また、患者さんの中には、実際に生活するうえで支障を来す入れ歯だとしても「入れ歯はこんなもの」と諦める患者さんもいます。

 

そういった先入観を取り除くために、口腔内のアンケートを患者さんにお願いしています。

 

どういったことが生活に支障を来しているのかということを細かくデータを取り、問題点が少しでも改善できるよう心がけています。

 

治療して良かったと思ってもらうために必要なアプローチだと考えています。 

 

 

良い入れ歯の基準とは?

例えば右と左で骨の大きさは変わらないはずなのに、左右がアンバランスな場合は良い入れ歯とは言い難く、改善すべきポイントがあると認識すべきです。

 

入れ歯を入れてみて、自分の顔が天然歯があった頃と変わっていない、または、歯の大きさが天然歯と遜色ないと、ご自身で思えたときそれは「良い入れ歯」といえるのではないでしょうか。