根管治療について

歯内療法(根の治療)
歯の根っこは、健康的な歯を保つ上で非常に大切な部分になります。歯の根っこという非常 に複雑で重要な部分を治療するには、徹底した治療工程を踏んでいく必要があります。今回 は、石井歯科医院の田中浩祐先生に根管治療についてお話を伺いました。
出演医師 歯内療法(根の治療)

田中 浩祐 先生

石井歯科医院

根管治療で大切なことは何ですか?

 

 

ばい菌を歯の中から徹底的に取り除く。これが一番大事なことになります。

 

そのために、ラバーダム方式と言って、口の中にゴムのシートのようなものを貼って唾液が入らないようにします。これがまず一番最初に行う大事な作業になります。

 

神経の管の中や歯の中は非常に細かい空間がたくさんあるので、拡大鏡や顕微鏡を使ってよく見えるようにし、そして汚れを取り除いて洗い流す。

 

ここに一番の時間とエネルギーを費やしています。

 

根管治療のステップについて教えてください。

 

 

まずは、虫歯を確実に取り除きます。その後、根の管の中にある細菌あるいは死んでしまった神経の組織を洗い流します。

 

根っこの管というのは真っ直ぐの一本道ではなく、何本にも枝分かれをしています。

 

そこを機械的にお掃除しただけでは、ばい菌は全部死滅するわけではありません。

 

その歯の管の中にお薬を入れて、そのお薬の殺菌効果も期待しています。

 

根管治療で、気を付けていることはありますか?

 

 

例えば、使う材料や機材は当然全部使い捨てのものを使っていて、そこにかかる時間は惜しみなく費やしています。

 

洗浄液が入っていかないような細かなところには、超音波の振動が出る器具を入れて洗浄液が届くようにしています。