「徹底的にきれいに」が大切な根管治療

歯内療法(根の治療)
神経や血管など大事な組織が集中している歯の根っこ。この部分の治療でまず大切なことは何でしょうか? 歯の状態に合わせて独自の根管治療法を実践されている、中島歯科医院の院長、中島光雅先生に、根管治療についてお話を伺いました。
出演医師 歯内療法(根の治療)

中島 光雅 先生

中島歯科医院

「根管治療」で重要なことは何ですか?

 

 

細菌が一番大きな原因なので、それをとにかく歯の中から取り除かなければなりません。

 

まずは無菌処置として樹脂で根管を埋めるなどを徹底してやる必要がありますが、そのうえで根管の中をよく洗浄して細菌を無くすことが大事だと思います。

 

どのような手順で行うのですか?

 

 

治療で使用する器具の中に根管の中をきれいにする薬剤が入ってまして、それでまずは念入りに洗浄する必要があります。

 

細い歯の中を徹底的にきれいにするためには、そこに更に超音波の振動を加えることで、よりきれいにすることができます。

 

歯が欠けていても、根管治療は可能ですか?

 

 

根の中を洗う薬というのは消毒の薬で、それなりに強い薬を使ったりもするので、そういうものを安全に確実に使うためには、やはり歯の周りの壁がしっかりしている必要があります。

 

そのために色々な材料で歯の形をある程度元に戻すことが必要だと思っていて、私はそれをよく行っております。

 

中にはちょっと回数がかかってしまうこともありますが、とにかく根の中を徹底的にきれいにしなければならないので、根気よく歯医者へ通っていただくことが必要かなと思います。

 

 

「「徹底的にきれいに」が大切な根管治療」に関する記事・動画

良い入れ歯とは?

良い入れ歯とは?

松丸 悠一 先生
コンポジットレジンによる治療のポイントとは
かぶせ物は「CEREC(セレック)」で制作、60分で終わる虫歯の治療について
歯科医療の進化「MI治療」とは?
意図的再植術について

意図的再植術について

伊藤 創平 先生

耳・鼻・口・喉の病気の病名から探す