インプラント治療の難しい症例

インプラント
インプラントは失った歯の代わりに人工歯を埋める治療です。ですので、患者さんの口内の状態が非常に重要になってきます。歯を埋める場所の状態によって、治療の難易度は大きく左右されます。今回は、アレーズ銀座歯科の院長兼理事長、中村茂人先生に、インプラント治療の難しい症例についてお話を伺いました。

インプラント治療で難しいことは?

 

 

例えば、骨が痩せてしまっているとか、あとは上顎洞といって、顔の骨の中にある空洞の一部なんですが、そこの部分が接近していて骨が少ないケースなどは、治療がより難しくなってくると考えられます。

 

 

「骨が痩せている場合」の具体的な治療方法は?

 

 

実際にインプラントのポジションが決まったとして、そこがどれだけ難しい骨の状態なのか、軟組織の状態なのかを、最初にしっかりと審査診断を行います。

そして、その骨の量が足りないと判断した場合に、GBRと呼ばれる骨を増大する処置方法を行います。また軟組織に関しても、筋肉をそこに移植したりします。

そういったものを駆使しながら、最終的に審美的なものも仕上げていくということになります。

 

 

インプラント治療で 心掛けていることは?

 

 

将来的に、できる限りやり返しの少ない環境、または万が一やり返しになったとしてもリアクセスしやすい環境(治療のやり直しがやりやすい環境)というのを提示するようにしています。

もちろんそれだけの処置を行っていくとなると、患者さんの治療期間も伸びたり大変になることもあるかと思うんですが、そういった情報を提供して選択をしていただく。そういったことを当クリニックでは心掛けております。

 

 

「インプラント治療の難しい症例」に関する記事・動画

良い入れ歯とは?

良い入れ歯とは?

松丸 悠一 先生
コンポジットレジンによる治療のポイントとは
かぶせ物は「CEREC(セレック)」で制作、60分で終わる虫歯の治療について
歯科医療の進化「MI治療」とは?
意図的再植術について

意図的再植術について

伊藤 創平 先生

耳・鼻・口・喉の病気の病名から探す

本サイトの利用にあたっては、当社の定める利用規約が適用されます。利用規約はこちらからご確認ください。