補綴歯科治療で大切なこと

補綴(被せ物)
補綴とはなくなってしまった歯をクラウン(被せ物)や入れ歯など人工の歯で補う治療です。サウジ歯科クリニックの佐氏英介先生はクラウンを作るときに大切なこととして作業の精密さを挙げられています。なぜ精密さが重要になるのでしょうか?詳しくお話を伺ってきました。

長く使えるクラウン(被せもの)に大切なことは?

精密な型採りをして、精密な模型を起こすことが重要です。

 

その上で技工士さんにその模型を託して、技工士さんがその模型上で精密にクラウンを作るということが非常に重要になります。

 

 

精密・正確な型採りのステップとは?

型を採る際には、歯茎の状態を良い状態にしなければ型採りがとれないので、歯茎の状態を整えるための数多くのステップを踏む必要性があります。

 

そのままの状態で型採りをしますと、歯と歯茎の境界面の部分がきちんと模型に現れてこないので、歯茎の周りに細い糸を入れて歯茎を押し避けるようなことをします。

 

 

歯茎の状態をコントロールしてから型採りの材料を流していくといったステップが必要になります。

 

 

精密な型を取れないと、どんな問題がありますか?

型採りが精密にできていないと、模型自体が精密に作ることができないので、口の中の情報と模型の情報が異なるということになってきます。

 

 

間違った模型上でかぶせものを精密に作っても口の中に収めたときには隙間が生じてしまうのでそこから虫歯や歯周病が引き起こされたりしてしまいますので、精密な型採り、精密な模型を作って精密なクラウン(かぶせもの)をきちんと口の中に装着するということが重要になります。

 

「補綴歯科治療で大切なこと」に関する記事・動画

良い入れ歯とは?

良い入れ歯とは?

松丸 悠一 先生
コンポジットレジンによる治療のポイントとは
かぶせ物は「CEREC(セレック)」で制作、60分で終わる虫歯の治療について
歯科医療の進化「MI治療」とは?
意図的再植術について

意図的再植術について

伊藤 創平 先生

耳・鼻・口・喉の病気の病名から探す