宮本 享

宮本 享 先生

京都大学医学部付属病院 病院長

京都大学 医学研究科 教授

診療科

脳神経外科

専門分野

脳神経外科全般

京都大学医学部附属病院

住所: 京都府京都市左京区聖護院川原町54

Tel: 075-751-3111

アクセス

  • 京阪電気鉄道鴨東線「神宮丸太町」駅 徒歩10分 JR東海道本線「京都」駅 近畿日本鉄道京都線、京都市営地下鉄烏丸線も利用可能 市バス206系統 東山通 北大路バスターミナル行き 熊野神社前下車 徒歩5分 バス30分

略歴

  • 2010年度 – 2021年度: 京都大学, 医学研究科, 教授
  • 2017年度: 京都大学, 大学院・医学研究科・脳神経外科, 教授
  • 2015年度: 京都大学, 大学院医学研究科, 教授
  • 2011年度 – 2015年度: 京都大学, 医学(系)研究科(研究院), 教授
  • 2003年度 – 2004年度: 国立循環器病センター, 脳神経外科, 部長
  • 2001年度 – 2002年度: 京都大学, 医学研究科, 助教授
  • 1998年度: 京都大学, 医学研究科, 講師
  • 1996年度 – 1997年度: 京都大学, 医学研究科, 助手
  • 1993年度: 京都大学, 医学部, 助手

所属学会・資格・役職など

  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
  • 日本脳卒中の外科学会技術指導医

受賞・著書・論文など

  • [雑誌論文] Genetic and non-genetic factors for contralateral progression of unilateral moyamoya disease:the first report from the SUPRA Japan Study Group
  • 著者名/発表者名:Mineharu Y, Takagi Y, Koizumi A, Morimoto T, Funaki T, Hishikawa T, Araki Y, Hasegawa H, Takahashi JC, Kuroda S, Houkin K, and Miyamoto S: on behalf of the SUPRA Japan Study Group.
  • 雑誌名:Journal of Neurosurgery
  • 巻: in press
  • 査読あり
  • データソース:KAKENHI-PROJECT-19H03770
  • Moyamoya Disease: Current Knowledge and Future Perspectives2020
  • 著者名/発表者名:Mineharu Y, Miyamoto S
  • 総ページ数:341
  • 出版者:Springer
  • データソース:KAKENHI-PROJECT-19H03770
  • もやもや病2020
  • 著者名/発表者名:舟木健史、峰晴陽平、宮本享
  • 雑誌名:生命の科学
  • 巻: 71 ページ: 484-485
  • データソースKAKENHI-PROJECT-19H03770
  • Cortical Distribution of Fragile Periventricular Anastomotic Collateral Vessels in Moyamoya Disease: An Exploratory Cross-Sectional Study of Japanese Patients with Moyamoya Disease2020
  • 著者名/発表者名Akinori Miyakoshi, Takeshi Funaki, Yasutaka Fushimi, Takuro Nakae, Masakazu Okawa, Takayuki Kikuchi, Hiroharu Kataoka, Kazumichi Yoshida, Yohei Mineharu, Masao Matsuhashi, Eiji Nakatani, Susumu Miyamoto
  • 雑誌名:American Journal of Neuroradiology
  • 巻: 41 ページ: 2243-2249
  • DOI:10.3174/ajnr.a6861
  • 査読あり / オープンアクセス
  • データソース:KAKENHI-PROJECT-20K21573, KAKENHI-PROJECT-19H03770
  • Revascularization Surgery in Childhood Associated with a Low Incidence of Microbleeds in Adult Patients with Moyamoya2020
  • 著者名/発表者名:Yamao Yukihiro、Takahashi Jun C.、Funaki Takeshi、Mineharu Yohei、Kikuchi Takyuki、Okada Tomohisa、Togashi Kaori、Miyamoto Susumu
  • 雑誌名:World Neurosurgery
  • 巻: 133
  • DOI:10.1016/j.wneu.2019.09.144
  • 査読あり
  • データソース:KAKENHI-PROJECT-19H03770
  • 片側もやもや病の遺伝的要因を含めた対側進行のリスク評価
  • 著者名/発表者名:峰晴 陽平、高木 康志、小泉 昭夫、森本 貴昭、舟木 健史、菱川 朋人、荒木 芳生、長谷川 仁、高橋 淳、黒田 敏、寳金 清博、宮本 享.
  • 学会等名:日本脳神経外科学会総会
  • データソース:KAKENHI-PROJECT-19H03770
  • もやもや病の末梢血バイオマーカーの開発:IL-1β誘導性プロスタグランジンE合成酵素のmRNA精密定量計測
  • 著者名/発表者:名峰晴陽平、三橋将人、坂井信幸、宮本享
  • 学会等名:日本脳卒中学会
  • データソース:KAKENHI-PROJECT-19H03770
  • もやもや病治療のこれから:メカニズム解明に基づいた診断と治療の発展
  • 著者名/発表者名:峰晴陽平、舟木健史、片岡大治、吉田和道、菊池隆幸、大川将和、山尾幸広、高橋 淳、 髙木康志、 宮本享
  • 学会等名:日本脳神経外科学会総会
  • 招待講演
  • データソース:KAKENHI-PROJECT-19H03770
  • Significance of RNF213 in tumorgenicity of medulloblastoma.
  • 著者名/発表者名Mineharu Y, Oichi Y, Kamata T, Matsui Y, Morimoto T, Tanji M, Kobayashi H, Okuda H, Harada KH, Koizumi A, Arakawa Y and Miyamoto S.
  • 学会等名:International Symposium on Pediatric Neuro-Oncology
  • 国際共著/国際学会である
  • データソース:KAKENHI-PROJECT-19H03770
  • 他多数

宮本 享先生の動画

脳卒中治療の現況と進展

脳卒中治療の現況と進展

宮本 享 先生

京都大学医学部附属病院

脳卒中の治療法と後遺症

脳卒中の治療法と後遺症

宮本 享 先生

京都大学医学部附属病院

脳卒中の種類と症状

脳卒中の種類と症状

宮本 享 先生

京都大学医学部附属病院

本サイトの利用にあたっては、当社の定める利用規約が適用されます。利用規約はこちらからご確認ください。