歯周病と免疫力

歯周病
歯周病は自覚症状がほとんどないため知らない間に進行してしまう病気だと言われています。歯周病にかかるとどのように病気が進むのか、悪化した場合はどんな治療法があるのか、長谷川歯科医院の長谷川嘉昭先生に伺いました。

歯周病にかかると、どんなことが起こりますか?

よく歯ブラシをしない方などは、歯の周りに汚れがたくさん付くと歯茎が赤く腫れ上がってきて、血が出ることもあります。

 

悪化していくと歯の周りの骨がどんどんなくなっていってしまうので、歯が揺れるようになります。

歯の周りの組織が駄目になってしまい、最終的に歯が抜けてしまうのが歯周病です。

 

 

歯周病が悪化した場合、どうすればいいですか?

中の汚れを徹底的に取ることによって、患者さんの持っている免疫能力をしっかり引き出してあげて、骨までは戻らないのですがピンク色の歯茎に戻ってきます。

 

状態によっては、歯周病で無くなってしまった骨を再建してあげる、という方法も現在ではあります。

 

 

「再生治療」とは、どんな治療を行うのですか?

骨が無いために隙間だらけになっています。

その部分にエムドゲインという液状のタンパク質の一種を塗布します。

 

どうしても骨があまり無い場合は多少人工の骨や骨移植というものを併用しながら再生療法をする場合もあります。

 

再生療法に関しては患者さんの持っている免疫力の問題であったり、たばこを吸うなどの患者さんの生活習慣によっては、同じ手術を行ったとしても効果が現れにくいという点があります。

 

まずは中の汚れを徹底的に取ることで患者さんの持っている免疫能力をしっかりと引き出すことで、ある程度は治すことが可能です。