早期発見が難しい?舌がんのタイプと治療方法!

放射線治療
舌がんは、口の中にできるがんの1つで、口腔底がんや歯肉がんなどと合わせて口腔がんに分類されます。口腔がんの中で最も頻度が高いのが舌がんです。舌がんは早期発見が難しく、歯科検診や耳鼻科へ行って診察で指摘されることもあります。舌がんの症状や検査方法、進行度合いによる分類、治療方法について、東京医科歯科大学・放射線治療科の吉村 亮一先生に教えていただきました。

 

早期発見が難しい!舌がんの3つのタイプとは?

 

 

舌がんの発症原因としてまず挙げられるのが、タバコやお酒の習慣です。また、入れ歯等が舌に当たるなどして慢性的に刺激が加えられている場所にも起きやすいと言われています。

 

舌がんの形状のタイプには表在型、外向型、内向型の3つがあります。

 

 

舌がんの表在型

 

 

表在型口内炎のように表面にポツリとできるタイプの舌がんです。

 

 

舌がんの外向型

 

 

外向型舌から外側に大きく盛り上がるタイプで、この場合、喋りづらくなったり食事がしづらくなったりするため、早期に発見されることが多いと言われています。

 

 

舌がんの内向型

 

 

また、内向型舌の中心に向かって広がるタイプの舌がんです。

表在型や外向型のように、食事や会話の邪魔になることは少ないため、発見が遅くなりやすい舌がんと言えます。

内向型の舌がんの場合、痛みが出てから来院することが多いようですが、痛みが生じるとかなり進行している状態であり、早期発見は非常に難しいと言えます。

 

口内炎が長期化する場合などは、舌がんの可能性も考慮して、一度病院を訪ねるといいかもしれません。

 

 

舌がんの検査方法:まずは組織片を採取して検査!病変の広がりはMRI、遠隔転移はPETで

 

 

舌がんの検査でまず行うのは、生検です。がんの病巣部から組織片を採取して、顕微鏡で観察し、病理学的にがんの進行度合いを診断します。

 

 

舌がんのガドリニウム造影MRI

 

 

また、がんがどの程度広がっているのかを見るためには、MRIで検査を行います。

 

 

舌がんのPET

 

 

さらに遠隔転移が疑われる場合には、PET(Positron Emission Tomography; 陽電子放射断層撮影)を用いた検査を行います。

 

 

舌がんの進行による分類は大きく分けて4つ!

 

 

舌がんの病期分類

 

 

舌がんは、その進行の程度によって4つに分類され、その指標はがんの大きさと病巣の深さで測ります。

 

がんの大きさが2cm以下で、病巣の深さが5mm以下の場合をT1と呼び、これは早期がんと診断されます。

がんの大きさが大きさ2cm以下でも、病巣の深さが5~10mmの場合、またはがんの大きさが2~4cmで、病巣の深さが深さ10mm以下の場合はT2と呼びます。

これも比較的早期のがんと言えます。

がんの大きさが4cm以上で、病巣の深さが10mm以上の場合はT3、さらに周りの臓器に転移を起こしている場合はT4と分類されます。

 

 

舌がんの治療法は大きく分けて2つ:転移を考えると手術が第1選択に

 

 

舌がんの治療は、基本的には外科的に切除するか、放射線療法が行われます。

首のリンパ節に転移した場合などは、手術が第1選択肢となります。

放射線治療が根治の治療方針となることはありますが、手術による切除と比べると、効果は半分以下となります。そのため、転移などを考慮すると、手術が第1選択肢となることが多いようです。

 

 

舌がんに対する放射線治療:負担の少ない小線源治療に陽子線治療まで

 

 

一口に放射線治療といっても、その方法は様々で、小線源治療外部照射陽子線治療などが行われています。

 

小線源治療とは、がんの病巣部に放射線を発する小さな線源と呼ばれるものを埋め込むことでがん細胞を死滅させる、という治療方法です。

外部照射では、放射線を病巣部の外から当てます口腔全体に放射線を当てることになるため、治療後に口内炎等を引き起こすことがあり、QOLを低下させるというデメリットがあります。

このようなデメリットをカバーするために、陽子線など用いて照射範囲をできるだけ小さくし、そこに抗がん剤を添加することで治療効果をあげて、かつ他の部分への影響を最小限にするという試みも行われています。

 

「早期発見が難しい?舌がんのタイプと治療方法!」に関する記事・動画

「切らない」舌がんの治療法!密封小線源治療とは?
舌がんの予後と予防法:喫煙と飲酒は重大なリスク因子!
口の中に潜む「口腔がん」

口の中に潜む「口腔がん」

柴原 孝彦 先生
舌がん(口腔がん)の概要

関連分類から探す

関連症状から探す

関連病名から探す

耳・鼻・口・喉の病気の病名から探す