大腸がん(結腸がん)

大腸がんの概要

大腸がんの概要

大腸の構造

 

大腸は、小腸から続き、肛門へとつながっている、消化管の一部です。全体で、1.5メートル~2メートルほどの長さがあります。

大腸は、大きく「結腸」と「直腸」に分けられます。

 

結腸のなかでも、大腸のはじまりの部分を「盲腸」、盲腸から上のほうに縦に伸びている部分を「上行結腸」、横に伸びている部分を「横行結腸」、下に伸びている部分を「下行結腸」、そしてS字状に直腸につながっている部分を「S状結腸」と呼びます。

 

これらのうち、がんが最もできやすいのが直腸で、次がS状結腸です。

 

 

大腸がんの種類

 

大腸がんは、がんができた場所によって「結腸がん」「直腸がん」と大きく2つに分かれるほか、がん組織の状態によって「腺がん」「扁平上皮がん」「腺扁平上皮がん」に分かれます。

 

大腸がんのほとんどは、線がんです。

 

 

大腸がんの症状

 

大腸がんは、早期の段階には、ほとんど自覚症状はありません。

進行するにつれて、下記のような症状が表れます。

 

 ・下血(消化管内の出血が肛門から出ること)

 ・血便(便に血が混じること)

 ・便秘、下痢

 ・便が細くなる

 ・貧血

 ・しこり

 ・腹痛

 ・腹部膨満感(お腹の張り)

 ・体重減少

 

がんができた場所によっても出やすい症状は変わり、盲腸や上行結腸、横行結腸にできたがんの場合、がんがかなり大きくなるまで症状が出にくく、慢性的な出血による貧血が見られることもあります。

 

一方、下行結腸やS状結腸、直腸にできたがんのほうが症状は出やすく、下血や血便、便秘・下痢、便が細くなるといった症状が表れやすいのが特徴です。

 

 

大腸がんの治療法

 

大腸がんの治療法には、内視鏡治療、手術、化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法などがあります。

大腸の断面
大腸壁の構造

 

早期の大腸がんは「内視鏡治療」で、内視鏡では難しい場合は「手術」でがんを取り除くのが、治療の基本です。

手術では、がんが広がっている部分の腸管とリンパ節を切除し、その後、残った腸をつなぎ合わせます。

 

現在、標準治療となっている手術方法は、お腹を大きく切り開いて行う「開腹手術」ですが、より低侵襲な「腹腔鏡手術」「ロボット支援手術」といった方法も行われています。

 

また、直腸がんでは、がんが肛門近くにある場合、肛門ごと切除し、人工肛門が必要になることもありますが、肛門機能を残す「肛門温存手術」も行われてています。

 

ただし、手術前とまったく同じ肛門機能を保てるわけではなく、排便障害は避けられませんので、どちらのメリットが高いのか、主治医とよく相談する必要があります。

 

ステージやがんができた場所によっては、再発予防のために、手術の前後に化学療法や放射線治療を行うこともあります。

がんが進行し、手術でがんを取り切るのが難しい場合は、化学療法が中心になります。

 

また、病気や治療による痛み、苦痛などに対しては、「緩和医療」「緩和ケア」があります。つまり、心と体の痛みを和らげる医療・ケアです。

 

治療に前向きに取り組むためにも、苦痛や悩み、不安がある場合は医療者に相談してください。

 

「大腸がん(結腸がん)」に関する記事・動画

豊中敬仁会病院の特色と目指す医療 〜消化器内科の役割〜

豊中敬仁会病院の特色と目指す医療 〜消化器内科の役割〜

奥田 準二 先生

豊中敬仁会病院

豊中敬仁会病院の特色と目指す医療 〜内視鏡ロボット手術センターへの特化〜

豊中敬仁会病院の特色と目指す医療 〜内視鏡ロボット手術...

奥田 準二 先生

豊中敬仁会病院

da vinci手術手技解説

da vinci手術手技解説

奥田 準二 先生

豊中敬仁会病院

NOSEの現状とこれから:合併症は?再発時は?治療成績の具体例も

NOSEの現状とこれから:合併症は?再発時は?治療成績...

西村 淳 先生

長岡中央綜合病院

NOSEのメリットとデメリット:低侵襲で術後も安心?安全性は?

NOSEのメリットとデメリット:低侵襲で術後も安心?安...

西村 淳 先生

長岡中央綜合病院

NOSEを用いた大腸がん外科治療:そのメリット・適応とは?

NOSEを用いた大腸がん外科治療:そのメリット・適応とは?

西村 淳 先生

長岡中央綜合病院

大腸早期癌の診療と治療の最前線 -Part3-

大腸早期癌の診療と治療の最前線 -Part3-

奥田 準二 先生

豊中敬仁会病院

大腸早期癌の診療と治療の最前線 -Part2-

大腸早期癌の診療と治療の最前線 -Part2-

奥田 準二 先生

豊中敬仁会病院

大腸早期癌の診療と治療の最前線 -Part1-

大腸早期癌の診療と治療の最前線 -Part1-

奥田 準二 先生

豊中敬仁会病院

本サイトの利用にあたっては、当社の定める利用規約が適用されます。利用規約はこちらからご確認ください。