EMR

EMR(内視鏡的粘膜切除術)とは?

低侵襲
内視鏡治療
EMR
ESD
EMR(内視鏡的粘膜切除術)とは?

内視鏡的粘膜切除術(EMR)とは

内視鏡的粘膜切除術(Endoscopic mucosal resection:EMR)とは、内視鏡治療の一種です。

胃や大腸など、消化器に出来た病変(早期がんや腺腫など)を切除するために行われます。

 

具体的には、内視鏡の先端に「スネア」と呼ばれる金属の輪を病変に引っ掛け、そこに高周波電流を流して切除します。

そのため、スネアが引っ掛けられる大きさ(約2cm程度まで)の病変に対してのみ適応となります。

 

 

内視鏡的粘膜切除術(EMR)のやり方

まず、病変直下の粘膜下層に生理食塩水などの液体を注入して、病変を浮かび上がらせます。

その後、液体に押されて浮き上がってきた病変にスネアを引っ掛け、周波電流を流して切除します。

 

内視鏡的粘膜切除術(EMR)のメリット

内視鏡を用いて消化管の内側から治療を行うため、開腹手術のように大きな傷を付けなくても行うことができます。

 

スネアが引っ掛けられる大きさの病変のうち、きのこのような形の茎のある病変については、ポリペクトミーという方法で切除が出来ますが、

EMRは茎が無い隆起の少ない病変についても切除が可能です。

 

内視鏡的粘膜切除術(EMR)のデメリット

スネアを引っ掛けて切除する術式のため、必然的にスネアの大きさ以上の病変は切除できません。

そういった病変を内視鏡治療する場合は、内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic submucosal dissection:ESD)という方法を用います。

 

また、内視鏡治療全般に言えることですが、EMRを適切に行うには術者の技術が要求されます。

そのため、熟練した医師が行うことが大切です。

「EMR」に関する記事・動画

大腸の内視鏡治療は、実はリスクの高い治療

大腸の内視鏡治療は、実はリスクの高い治療

野中 康一 先生

埼玉医科大学国際医療センター

食道がんの内視鏡治療

食道がんの内視鏡治療

平澤大 先生

仙台厚生病院

内視鏡でがんを取るには――胃がん、大腸がんの内視鏡治療

内視鏡でがんを取るには――胃がん、大腸がんの内視鏡治療

遠藤 昌樹 先生

開運橋消化器内科クリニック

大腸がんの内視鏡治療――体にはやさしいが、難易度はさまざま

大腸がんの内視鏡治療――体にはやさしいが、難易度はさまざま

大圃 研 先生

NTT東日本関東病院

食道がんの内視鏡治療で大切なこと ―がんの深さー大きさと治療後の管理ー

食道がんの内視鏡治療で大切なこと ―がんの深さー大きさ...

野中 康一 先生

埼玉医科大学国際医療センター

食道がんを早期発見するために気をつける症状、受けるべき検査とは?

食道がんを早期発見するために気をつける症状、受けるべき...

野中 康一 先生

埼玉医科大学国際医療センター

大腸がんの症状は?早期がんの治療法は内視鏡?EMRやESDとは?

大腸がんの症状は?早期がんの治療法は内視鏡?EMRやE...

田中 信治 先生

広島大学病院

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)とは

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)とは

編集部

Doctorbook

EMR(内視鏡的粘膜切除術)とは?

EMR(内視鏡的粘膜切除術)とは?

編集部

Doctorbook