膵臓がんの概要

膵臓がんの概要

 

膵臓の構造

 

 

膵臓は、胃の裏側にある長さ15~20センチメートル程度の臓器です。

タラコのような形をしていて、本人から見て右側、十二指腸につながっている側を「膵頭部」、左側の脾臓に接している部分を「膵尾部」、膵頭部と膵尾部の間を「膵体部」と呼びます。

膵臓内には「膵管」と呼ばれる管が網目状に走っていて、膵臓でつくられた膵液を集め、十二指腸に送っています。

 

 

膵臓がんの種類

 

 

膵臓がんにはいろいろな種類がありますが、最も多いのが「膵管」の細胞ががん化する「膵管がん」で、膵臓がんの9割以上を占めています。一般的に、膵臓がんと言う場合、この膵管がんを指します。

そのほか、「膵島細胞」と呼ばれるホルモンを産生する細胞から生じる「膵内分泌がん(膵島細胞がん)」膵管内にできたポリープからどろっとした粘液が出る「膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)」などがあります。

 

 

膵臓がんの症状

 

 

膵臓の場所

 

 

膵臓は、胃の裏側、体の奥のほうにある臓器なので、異常があっても症状が出にくく、膵臓がんの初期にはほとんど自覚症状はありません。

 

膵臓がんが進行すると、次のような症状があらわれます。

 ・背中の痛み

 ・腰の痛み

 ・胃の痛み

 ・食欲不振

 ・腹部膨満感

 ・黄疸(皮膚や眼が黄色くなること)

 ・体重の減少

 

また、糖尿病のコントロールが急に悪くなった、急に糖尿病を発症したときにも注意が必要です。膵臓がんのサインかもしれませんので、検査を受けることをおすすめします。

 

 

膵臓がんのリスク因子について

 

 

膵臓がんの治療

 

 

膵臓がんの治療は、手術が可能な場合、手術と薬物療法(抗がん剤治療)を組み合わせることが基本です。

一般的に、ステージ1で見つかった膵臓がんは手術を行えますが、遠隔転移を伴うステージ4で見つかると手術は行えません。ステージ2、ステージ3の場合は、「手術ができない(切除不能)」または「ボーダーライン(切除可能境界)」に分かれます。

 

 

また、手術の方法は、「膵臓のどこにがんができたか」で変わります。

十二指腸に接している膵頭部にできた膵臓がんでは、十二指腸、胆管、胆のうも含めて切除し、残った膵臓を小腸につなぎ合わせる「膵頭十二指腸切除術」が行われます。

 

 

膵頭十二指腸切除術と再建について

 

 

がんが膵尾部(または膵体部)にできている場合は、がんができている膵尾部と脾臓のみを切除し、十二指腸や胆管、胆のうは残すことができます。

また、がんが膵臓全体に及ぶ場合は、膵臓全体を切除する「膵全摘術」が行われます。

 

 

手術ができるかどうかの境界にあるボーダーラインの膵臓がんに対しては、薬物療法や放射線療法でがんを縮小してから手術を行う場合もあります。

また、切除不能の膵臓がんの場合、薬物療法が中心になります。

 

「膵臓がんの概要」に関する記事・動画

すい臓がんの症状とリスク因子。急に糖尿病になったら注意。

すい臓がんの症状とリスク因子。急に糖尿病になったら注意。

植木 亨 先生

福山市民病院

すい臓がんの5年生存率が高い尾道市で行っていること

すい臓がんの5年生存率が高い尾道市で行っていること

花田 敬士 先生

尾道総合病院

すい臓がんの手術の条件とは

すい臓がんの手術の条件とは

齋浦 明夫 先生

がん研究会有明病院

初期症状はほとんど無し!膵臓がんの症状とは?膵臓がん高リスクの人はどんな人?詳しい検査法と治療法とは?

初期症状はほとんど無し!膵臓がんの症状とは?膵臓がん高...

田島 義証 先生

島根大学医学部附属病院

膵臓がんの外科治療は開腹手術?腹腔鏡手術?「チーム医療」を推進する膵臓疾患特殊外来の取り組みとは?

膵臓がんの外科治療は開腹手術?腹腔鏡手術?「チーム医療...

田島 義証 先生

島根大学医学部附属病院

大腸がんの症状は?早期がんの治療法は内視鏡?EMRやESDとは?

大腸がんの症状は?早期がんの治療法は内視鏡?EMRやE...

田中 信治 先生

広島大学病院

乳がん手術に全摘+再建という選択肢。マンモグラフィーに写らない乳がんにも注意。

乳がん手術に全摘+再建という選択肢。マンモグラフィーに...

大谷 彰一郎 先生

広島市立広島市民病院

食道がんの症状と治療法。のどのつかえや声のかすれは注意。お酒で顔が赤くなる人は定期的に検査を。

食道がんの症状と治療法。のどのつかえや声のかすれは注意...

渡邊 雅之 先生

がん研究会有明病院

大腸がんのロボット支援手術――術後の機能障害、再発リスクも低下

大腸がんのロボット支援手術――術後の機能障害、再発リス...

絹笠 祐介 先生

東京医科歯科大学 医学部附属病院