「ボーダーラインの膵臓がん」と言われたら?

「ボーダーラインの膵臓がん」と言われたら?

 

膵臓がんは3つに分けられる

 

 

膵臓がんを根治するには、ほかの多くのがんと同様に手術でがんを完全に取り除くことが基本ですが、膵臓がんの場合、発見された時点で、遠隔転移がみられたり、がんが膵臓のまわりに広がっていたり(「局所進行」と言います)して、すでに手術ができない状態にあることが過半数を占めます。

 

日本膵臓学会がまとめた「膵癌取扱い規約 第7版」では、下記のように、膵臓がんを「切除可能」「ボーダーライン(切除可能境界)」「切除不能」の3つに分けることが提唱されています。

 

 

切除可能な膵臓がん

標準的な手術によって、肉眼的にも顕微鏡で調べてもがんが残らないように切除することが可能な膵臓がん

 

ボーダーラインの膵臓がん

標準的な手術では、目に見える範囲では取り切れても、顕微鏡で見るとがん細胞が残ってしまう可能性のある膵臓がん

 

切除不能な膵臓がん

遠隔転移があり、手術の対象にならない膵臓がん

局所進行で、膵臓のまわりの血管を囲むように浸潤していて、標準的な手術を行っても肉眼的にがんが残る可能性の高い膵臓がん

 

 

ボーダーラインの膵臓がんとは

 

 

すい臓の周囲走行血管

 

 

膵臓のまわりには多くの重要な血管が走っています。

まず、膵臓の裏側には「門脈」と呼ばれる肝臓に流れる太い静脈が走っています。膵頭部にできたがんが進行し、膵臓からはみ出ると、この門脈に浸潤することがあります。

膵臓がんが門脈に半周以上接していると、手術でがんを取り切るには、門脈も切除して再びつながなければいけません。門脈に半周以上接していて、手術でがんを取り切るには門脈も一緒に切除しなければいけない膵臓がんのうち、門脈の再建が安全に行えるもの「ボーダーライン」門脈再建が難しい場合「切除不能」と判断されます。

 

 

また、膵臓のまわりには、複数の重要な動脈も走っています。

膵臓がんがそれらの動脈に接していると、手術でがんを取り切ったように見えても、顕微鏡で確認するとがん細胞が残ってしまう可能性があるため、主要な動脈に半周以上接しているもの「切除不能」半周未満で接しているもの「ボーダーライン」接していないもの「切除可能」と判断されます。

 

 

ボーダーラインの膵臓がんの治療法

 

 

切除可能な膵臓がんの場合手術が基本となります。

切除不能な膵臓がんの場合は、「薬物療法」または薬物療法と放射線療法を組み合わせた「化学放射線療法」が中心となります。

 

 

一方、判断が難しいのがボーダーラインの膵臓がんです。ボーダーラインの膵臓がんの場合、手術によって、目に見える範囲でがん細胞を取り切っても、顕微鏡で見るとがん細胞が残ってしまい、手術後に再発することがあります。

 

 

そこで最近では、手術の前に抗がん剤治療(薬物療法)や化学放射線療法を行い、がんを縮小・死滅させてから手術を行う治療法も行われています。

 

ただし、それによって手術でがん細胞を完全に取り切れる頻度が高くなるとの報告も多くある一方で、現状ではまだエビデンス(科学的根拠)が確立されているわけではありません。多くの臨床研究が行われている段階のため、ボーダーラインの膵臓がんの治療法は、病院によって、または医師によって判断の分かれやすいところです。

ですから、「ボーダーライン」と言われたときには、とくに主治医とよく話し合うことが大切です。また、ほかの専門家にセカンドオピニオン、サードオピニオンを求めることも役立ちます。いずれにしても、ご自身が理解・納得した上で治療法を選択することが重要です。

 

 

参考

日本膵臓学会 膵癌診療ガイドライン改訂委員会「患者さん・ご家族・一般市民のための膵がん診療ガイドライン2016の解説」

 

「「ボーダーラインの膵臓がん」と言われたら?」に関する記事・動画

すい臓がんの症状とリスク因子。急に糖尿病になったら注意。

すい臓がんの症状とリスク因子。急に糖尿病になったら注意。

植木 亨 先生

福山市民病院

すい臓がんの5年生存率が高い尾道市で行っていること

すい臓がんの5年生存率が高い尾道市で行っていること

花田 敬士 先生

尾道総合病院

すい臓がんの手術の条件とは

すい臓がんの手術の条件とは

齋浦 明夫 先生

がん研究会有明病院

大腸がんの症状は?早期がんの治療法は内視鏡?EMRやESDとは?

大腸がんの症状は?早期がんの治療法は内視鏡?EMRやE...

田中 信治 先生

広島大学病院

乳がん手術に全摘+再建という選択肢。マンモグラフィーに写らない乳がんにも注意。

乳がん手術に全摘+再建という選択肢。マンモグラフィーに...

大谷 彰一郎 先生

広島市立広島市民病院

食道がんの症状と治療法。のどのつかえや声のかすれは注意。お酒で顔が赤くなる人は定期的に検査を。

食道がんの症状と治療法。のどのつかえや声のかすれは注意...

渡邊 雅之 先生

がん研究会有明病院

大腸がんのロボット支援手術――術後の機能障害、再発リスクも低下

大腸がんのロボット支援手術――術後の機能障害、再発リス...

絹笠 祐介 先生

東京医科歯科大学 医学部附属病院

食道がんの症状は?しみる、つかえる、声のかすれに注意。手術はどんなものがある?

食道がんの症状は?しみる、つかえる、声のかすれに注意。...

能城 浩和 先生

佐賀大学医学部附属病院

大腸がんの手術の種類。新しい治療法の腹腔鏡手術やロボット手術って何?

大腸がんの手術の種類。新しい治療法の腹腔鏡手術やロボッ...

絹笠 祐介 先生

東京医科歯科大学 医学部附属病院