高齢者の乳がん、手術をするか

ホルモン療法
全摘手術
温存手術
高齢者の乳がん、手術をするか

高齢者の乳がん

 

 

乳がんは比較的若い人に多いがんですが、65歳以上の高齢者の全体数が増えているなか、70代、80代と高齢で乳がんになる人も増えており、閉経後に乳がんを発症することもあります。

 

高齢で乳がんが見つかった場合、あるいは高齢の親に乳がんが見つかった場合、手術を受けるべきかどうか、悩むでしょう。高齢者の場合、手術には耐えられないのではないか、手術のダメージによってかえって全身状態が悪くなるのではないか――など、不安に思うかもしれません。

 

ただ、「年齢」のみで手術の可否を決めることはできません。

 

 

乳がんの年齢別罹患率

 

 

 

高齢でも手術が標準治療

 

 

日本乳癌学会の「乳癌診療ガイドライン①治療編 2018年版」では、「高齢者の乳癌に対しても手術療法は勧められるか?」との問いに対して、「手術に耐え得る健康状態であれば、高齢者の乳癌に対しても手術療法を行うことが標準治療である」と結論づけています。

 

つまり、高齢であろうと、全身状態が良ければ手術がすすめられるということです。

 

 

乳がんの手術法

 

 

そのエビデンス(科学的根拠)として、乳癌診療ガイドラインでは、70歳以上の乳がん患者さんに対して、「ホルモン療法(タモキシフェン)のみ」で治療を行った場合と、「手術、または手術+ホルモン療法」で治療を行った場合で比較した複数の研究を分析した結果を紹介しています。

 

これによると、生存率には差はなかったものの、「無増悪期間」(がんが進行せずに安定していた期間)と「局所制御率」(治療した部分が安定している割合)は、「手術+ホルモン療法」のほうが、有意に結果が良かったそうです。

 

 

乳がんの主な治療法

 

 

高齢でも「手術可能な状態」とは?

 

 

では、「手術に耐え得る健康状態」とはどういうことでしょうか。

国際老年腫瘍学会は、次のような項目を評価すべきと指摘しています。

 

 ①身体機能(ADL:日常生活動作やIADL:手段的日常生活動作)

 ②併存症(薬剤を含む)

 ③認知機能

 ④精神機能(抑うつなど)

 ⑤社会的環境、支援体制

 ⑥栄養

 ⑦老年症候群(加齢に伴いあらわれる症状や兆候)

 

 

高齢者のがんはトータルの判断が必要

 

 

高齢者の場合、がんの大きさや進行度だけではなく、そして年齢だけでもなく、認知機能や生活環境なども含めた複数の観点からトータルで評価し、手術を行うことによるメリットとデメリットを考える必要があります。

また、何より、「患者さん自身がどうしたいのか、どう生きたいのか」という本人の希望も大切です。答えは一つではないからこそ、悩むかもしれません。なかなか答えが出せないときには、複数の専門家の意見を聞いてみることも役立ちます。

 

 

「高齢者の乳がん、手術をするか」に関する記事・動画

「プレシジョン・メディシン」 一人ひとりに最適な乳がん治療を

「プレシジョン・メディシン」 一人ひとりに最適な乳がん治療を

大野 真司 先生

がん研究会有明病院

乳がん手術に全摘+再建という選択肢。マンモグラフィーに写らない乳がんにも注意。

乳がん手術に全摘+再建という選択肢。マンモグラフィーに...

大谷 彰一郎 先生

地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立広島市民病院

乳がんの発見率や検診受診率の意味、正しく理解していますか?

乳がんの発見率や検診受診率の意味、正しく理解していますか?

岩田 広治 先生

愛知県がんセンター中央病院

乳がんになっても妊娠できますか?

乳がんになっても妊娠できますか?

大野 真司 先生

がん研究会有明病院

乳がんの内視鏡手術の条件。メリットとデメリットは?なぜ広がらない?

乳がんの内視鏡手術の条件。メリットとデメリットは?なぜ...

武田 泰隆 先生

公益財団法人結核予防会 複十字病院

大腸がんの症状は?早期がんの治療法は内視鏡?EMRやESDとは?

大腸がんの症状は?早期がんの治療法は内視鏡?EMRやE...

田中 信治 先生

広島大学病院

すい臓がんの症状とリスク因子。急に糖尿病になったら注意。

すい臓がんの症状とリスク因子。急に糖尿病になったら注意。

植木 亨 先生

福山市民病院

食道がんの症状と治療法。のどのつかえや声のかすれは注意。お酒で顔が赤くなる人は定期的に検査を。

食道がんの症状と治療法。のどのつかえや声のかすれは注意...

渡邊 雅之 先生

がん研究会有明病院

大腸がんのロボット支援手術――術後の機能障害、再発リスクも低下

大腸がんのロボット支援手術――術後の機能障害、再発リス...

絹笠 祐介 先生

国立大学法人東京医科歯科大学 医学部附属病院