食道がんの手術……開胸、胸腔鏡、縦隔鏡という選択肢

セカンドオピニオン
食道がんの手術……開胸、胸腔鏡、縦隔鏡という選択肢

 

食道がんの手術で行うこと

 

 

がんが粘膜の浅い部分にとどまっている早期の食道がんの場合、内視鏡を使ってがんを切除することができますが、がんが「粘膜筋板」と呼ばれる層に達している場合は、可能なかぎり、手術が第一選択となります。

 

食道がんの手術では、次の3つのことを行います。

 

 

食道の切除

がんができている部分とそのまわりの食道を切除します。がんができている場所によっては、のど(咽頭・喉頭)や胃の一部も一緒に切除することもあります。

 

リンパ節郭清

がんが転移しているリンパ節を含め、がんのまわりのリンパ節を切除します。

 

食道の再建

食道を切除したあと、胃(または腸)を持ち上げて残っている食道とつなぎ、新たな食べ物のとおり道をつくります。

 

 

食道がん手術時のアプローチ方法

 

 

食道がんの手術①開胸・開腹手術

 

 

食道がんの手術方法にはいくつかの選択肢があります。

まず、従来から標準的な手術方法として行われてきたのが、「開胸・開腹手術」です。

 

食道は、首(頸部)から胸部、腹部へとわたる細長い臓器です。

食道がんの手術では、がんができた場所にもよりますが、胸や腹、頸部を大きく切開し、食道やそのまわりのリンパ節などを切除して再建するという方法が従来から行われてきました。

この開胸・開腹手術では、食道にたどりつくために、体の表面だけではなく肋骨も切り開き、肺をよけながらアプローチする必要があります。そのため、大がかりな手術となり、体へのダメージも小さくありません。

 

 

食道がんの手術②胸腔鏡・腹腔鏡手術、ロボット手術

 

 

胸腔鏡手術のメリット、デメリット

 

 

最近増えてきたのが、「胸腔鏡・腹腔鏡手術」です。

体の表面に小さな孔(または小さな切開)を複数か所あけて小型カメラと手術器具を挿入し、モニターを見ながら手術を行うというものです。

傷が小さい分、患者さんの体へのダメージも小さくて済みますが、狭い空間のなかで器具を細かく操作し、確実にがんを取り除くには高度な技術を要します。

 

 

ロボット手術のイメージ図

 

 

そこで、より安全に胸腔鏡・腹腔鏡手術を行うために導入されたのが、手術支援ロボットを使った「ロボット支援手術」です。

2018年4月から、食道がんに対するロボット支援手術も保険適用になりました。

 

 

食道がんの手術③縦隔鏡下手術

 

 

縦隔鏡下手術とロボット手術

 

 

さらに、首から食道に沿って内視鏡(縦隔鏡)や手術器具を挿入し、がんを取り除く「縦隔鏡下手術」も始まっています。

この方法の場合、胸腔からアプローチする方法とは異なり、肺や気道をよける必要がないため、ほかの臓器を傷害することなく、術後の合併症が少なくなるというメリットがあります。

 

 

切除と再建を分ける「二期分割手術」

 

 

冒頭に、食道がんの手術では、食道の切除、リンパ節郭清と食道の再建を行うと書きました。通常は、これらの手術を一度に行います。

ただ、身体的な負担が大きいため、高齢(80歳以上など)の方や臓器障害のある方などは、切除手術と再建手術を分けて行う場合もあります。これが、「二期分割手術」です。

 

二期分割手術では、最初の手術でがんの切除(食道の切除、リンパ節郭清)を行うとともに、胃ろうをつくり、当面は胃ろうで栄養管理を行います。

そして、リハビリテーションを行い、全身の状態が回復したら、再び手術を行い、食道の再建を行います。

 

 

食道がんの手術にはさまざまな方法がある

 

 

このように、食道がんの手術にはさまざまな選択肢があります。

がんができている場所、がんの広がり具合い、がんの悪性度、患者さんの全身状態などによって受けられる手術方法は変わってきますが、それだけではなく、医療機関によっても得意不得意があるものです。

すべての医療機関が、前述したすべての選択肢を持っているわけではありません。

 

もしも主治医から勧められた治療法以外も含めて検討したい場合は、セカンドオピニオンを求めることも有用です。

 

「食道がんの手術……開胸、胸腔鏡、縦隔鏡という選択肢」に関する記事・動画

食道がんの症状は?しみる、つかえる、声のかすれに注意。手術はどんなものがある?

食道がんの症状は?しみる、つかえる、声のかすれに注意。...

能城 浩和 先生

佐賀大学医学部附属病院

食道がんの症状と治療法。のどのつかえや声のかすれは注意。お酒で顔が赤くなる人は定期的に検査を。

食道がんの症状と治療法。のどのつかえや声のかすれは注意...

渡邊 雅之 先生

がん研究会有明病院

食道がんの内視鏡治療で大切なこと ―がんの深さー大きさと治療後の管理ー

食道がんの内視鏡治療で大切なこと ―がんの深さー大きさ...

野中 康一 先生

埼玉医科大学国際医療センター

食道がんの手術、合併症を起こさないためには?

食道がんの手術、合併症を起こさないためには?

村上 雅彦 先生

昭和大学病院

食道がん手術後の合併症を減らすには

食道がん手術後の合併症を減らすには

瀬戸 泰之 先生

東京大学医学部附属病院

食道がんを早期発見するために気をつける症状、受けるべき検査とは?

食道がんを早期発見するために気をつける症状、受けるべき...

野中 康一 先生

埼玉医科大学国際医療センター

食道がんの外科治療について

食道がんの外科治療について

李 栄柱 先生

大阪市立大学医学部附属病院

食道がんの内視鏡治療

食道がんの内視鏡治療

平澤 大 先生

仙台厚生病院

大腸がんの症状は?早期がんの治療法は内視鏡?EMRやESDとは?

大腸がんの症状は?早期がんの治療法は内視鏡?EMRやE...

田中 信治 先生

広島大学病院