EMR(内視鏡的粘膜切除術)とは?

低侵襲
内視鏡治療
EMR
ESD
EMR(内視鏡的粘膜切除術)とは?

内視鏡的粘膜切除術(EMR)とは

内視鏡的粘膜切除術(Endoscopic mucosal resection:EMR)とは、内視鏡治療の一種です。

胃や大腸など、消化器に出来た病変(早期がんや腺腫など)を切除するために行われます。

 

具体的には、内視鏡の先端に「スネア」と呼ばれる金属の輪を病変に引っ掛け、そこに高周波電流を流して切除します。

そのため、スネアが引っ掛けられる大きさ(約2cm程度まで)の病変に対してのみ適応となります。

 

 

内視鏡的粘膜切除術(EMR)のやり方

まず、病変直下の粘膜下層に生理食塩水などの液体を注入して、病変を浮かび上がらせます。

その後、液体に押されて浮き上がってきた病変にスネアを引っ掛け、周波電流を流して切除します。

 

内視鏡的粘膜切除術(EMR)のメリット

内視鏡を用いて消化管の内側から治療を行うため、開腹手術のように大きな傷を付けなくても行うことができます。

 

スネアが引っ掛けられる大きさの病変のうち、きのこのような形の茎のある病変については、ポリペクトミーという方法で切除が出来ますが、

EMRは茎が無い隆起の少ない病変についても切除が可能です。

 

内視鏡的粘膜切除術(EMR)のデメリット

スネアを引っ掛けて切除する術式のため、必然的にスネアの大きさ以上の病変は切除できません。

そういった病変を内視鏡治療する場合は、内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic submucosal dissection:ESD)という方法を用います。

 

また、内視鏡治療全般に言えることですが、EMRを適切に行うには術者の技術が要求されます。

そのため、熟練した医師が行うことが大切です。

「EMR(内視鏡的粘膜切除術)とは?」に関する記事・動画

胃がんの症状・検査・治療  ーステージごとの治療法についてー

胃がんの症状・検査・治療  ーステージごとの治療法についてー

設樂 紘平 先生

国立研究開発法人 国立がん研究センター 東病院

専門化する胃がん手術 ー開腹手術、腹腔鏡手術、ロボット支援手術ー

専門化する胃がん手術 ー開腹手術、腹腔鏡手術、ロボット...

木下 敬弘 先生

国立研究開発法人 国立がん研究センター 東病院

胃がんの手術はどう進化した?

胃がんの手術はどう進化した?

二宮 基樹 先生

国家公務員共済組合連合会 広島記念病院

内視鏡でがんを取るには――胃がん、大腸がんの内視鏡治療

内視鏡でがんを取るには――胃がん、大腸がんの内視鏡治療

遠藤 昌樹 先生

開運橋消化器内科クリニック

胃がんの症状・検査・治療

胃がんの症状・検査・治療

寺島 雅典 先生

静岡県立静岡がんセンター

胃がんの手術は開腹よりも腹腔鏡? 腹腔鏡よりもロボット?

胃がんの手術は開腹よりも腹腔鏡? 腹腔鏡よりもロボット?

宇山 一朗 先生

藤田保健衛生大学病院

進化する肺がんの薬物療法

進化する肺がんの薬物療法

里内 美弥子 先生

兵庫県立がんセンター

肺がんの内視鏡手術(胸腔鏡手術)とは?

肺がんの内視鏡手術(胸腔鏡手術)とは?

松浦 求樹 先生

地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立広島市民病院

肺がん治療は、「4本柱」に

肺がん治療は、「4本柱」に

金 永学 先生

京都大学医学部附属病院